MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックのフルサイズミラーレスは4,200万画素以上になる模様 動画は8Kに対応?

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

43Rumorsが、パナソニックのフルサイズミラーレスカメラのセンサーの画素数は4,200万画素以上になると噂しています。

  • パナソニックのフルサイズミラーレスの追加情報を入手した

    1)センサーの画素数は4,200万画素以上になる

    2)このカメラは、フォトグラファーとビデオグラファーの両方を満足させるように設計されている

以前にパナソニックのフルサイズミラーレスカメラの画素数は3000万画素を大きく上回るという噂が登場しましたが、どうやらソニーα7R IIIと同じ4,200万画素かそれ以上になるようです。ちなみにα7R IIIは4,240万画素、ニコンZ7とD850は4,575万画素。

43Rumorsは、上記の噂の信憑性は “ほぼ確実” を意味する(FT5)を付けていて、別の記事では信憑性があまり高く無い(FT2)の噂も掲載しています。

  • これらは最新の情報だが、信頼できる情報提供者による裏付けは取れていない。そのため信憑性は(FT2)とする

    • HEVC & H.264
    • 8Kでの録画が可能(30p 10bitの外部記録?)。おそらくこれがフルサイズにする理由
    • 2K(240p)、2.7K、4K(120p?)、6K(60p?)モードを追加
    • アナモルフィック撮影用のSuper35モード
    • ProRes RAWがファームウェアアップデートでサポートされるかもしれない
    • 特別な低照度用モード
    • G9と同等のスチル機能
    • AIベースのAF、次世代のDFD。AFの強化が予想される

まだ信憑性は(FT2)の噂なので話半分に聞いておいた方が良さそうですが、噂通りなら外部記録で8K30p 10bitに対応し、将来的にはProRes RAWもサポートされるようです。

AIを搭載した新世代のDFDによってどれほどAFが強化されるのか興味深いですが、AFも強化されて、本当に上記のスペックを全て採用していて3,000ドル前後ならかなり驚きですね。

 

ただし、8Kを編集する環境を整えるのにお金がだいぶかかりそう…。

関連記事

おすすめ記事

Source:43Rumors

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。