MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

2019年にキヤノンから登場しそうなRFレンズは?

  • カテゴリー:
  • NEWS

先日キヤノンから待望のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」と4本のRFレンズが発表されたばかりですが、早くもCanon Rumorsが、2019年にどのようなRFレンズが登場するのか予想を掲載しています。

  • 先日の発表時に、キヤノンはF2.8Lズームなどのレンズを既に開発中と言っていたが、正確なレンズロードマップは公表されなかった。我々は、2019年には多くのRFレンズが登場すると予想している。以下は、登場することが理にかなっていると思うRFレンズだ

  • RF14-24mm F2.8L USM
    RFシステムにはネイティブの超広角レンズが必要で、RF14-24mm F2.8L USMといったレンズが登場する可能性が高いと思う

  • RF24-70mm F2.8L IS USM
    コンパクトでISを搭載した伝統的な標準ズームレンズ。次に発表されるレンズの内の1本になる可能性が非常に高いと思う

  • RF70-200mm F2.8L IS USM
    キヤノンは伝統的な大三元ズームレンズを完成させる必要があり、このレンズも2019年に登場する可能性は非常に高い

  • RF70-135mm F2L USM
    F2のズームレンズは、RF28-70mmで終わりだとは思っておらず、より焦点距離の長いF2のズームレンズの登場にも期待している

  • RF50mm F1.8 IS STM
    ラインナップには、より安価な50mmの選択肢も必要だと考えているが、このレンズの登場はまだ先かもしれない

ちなみに以下はZレンズロードマップ

上記のリストはあくまでCanon Rumorsの予想ですが、キヤノンは先日の発表会で、2019年以降はF2.8Lズームなどを発表する予定と言っているので早い段階で大三元は揃いそうですね。

Canon Rumorsは、最初の段階で多くのLレンズが登場すると予想していますが、高価な大口径のLレンズ以外の登場にも期待したいところです。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Dylan