MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ニコンが「D3500」を正式発表 ホールド性と操作性が向上

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

ニコンが、DXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「D3500」を正式に発表しました。ニコン公式サイトでのボディのみの価格は5万9,400円(税込)、レンズキットは7万200円(税込)、ダブルズームキットは9万9,900円。発売予定日は2018年9月28日となっています。

  • D3500は、D5600と同じモノコック構造を採用した薄型・軽量ボディーに、ホールド性に優れた深いグリップで、操作性を向上。さらに、再生ボタンの大型化をはじめ、ボディーの背面右側に主要な操作ボタンを整理・集約した新レイアウトを採用

  • 「SnapBridge」アプリにより、カメラとスマートデバイスをBluetoothによって常時接続でき、カメラで撮影したJPEGサムネイル画像2M(200万画素)を自動でスマートデバイスへ転送可能。さらに、「SnapBridge」アプリVer.2.5により、Bluetoothを介して、スマートデバイスでの静止画リモート撮影が新たに可能になった

  • 1回の充電で約1550コマ撮影可能

  • センサーは、有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載。常用感度はISO 100~25600を実現

  • Bluetooth搭載(Wi-Fiは非搭載)

  • サイズは124×97×69.5mm。重さは415g(バッテリー・メモリーカード含む)

左D3500、右D3400

左D3500、右D3400

D3500は、グリップの形状の変更やボタン配置の変更がされたほか、若干の軽量化、バッテリー持ちがよくなりましたが、基本性能はD3400からほとんど変更されていないようです。

また、D3500と併せて、すでに海外で先行発表されていた「COOLPIX P1000」が国内でも正式に発表されました。ニコン公式サイトでの価格は13万7,700円(税込)。発売予定日は2018年9月14日となっています。

関連記事

おすすめ記事

Source:ニコン

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。