MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーがAPS-C版「ミニα9」をフォトキナかフォトプラスで発表する?

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

Sony Alpha Rumorsが、ソニーの新しいハイエンドAPS-C Eマウント機に関する噂を掲載しています。

  • 信頼できる情報提供者が、ソニーがフォトキナかフォトプラスで “ミニα9” を発表すると教えてくれた

  • これは新しいAPS-C Eマウントカメラで、同じ情報提供者は、このカメラの名前がα6700にはならない可能性があることも教えてくれた

  • これは重要な情報で、なぜならこのカメラはこれまでのα6xxxとは異なり、α6500の後続機ではない可能性があるからだ

  • このカメラは噂されている富士フイルムX-T3のように、20コマ/秒の連写や4K60pでの撮影が可能になると予想している。発表は、今から9月中旬の間に行われてもおかしくはない

  • ソニーが来週に新型カメラを発表する100%の裏付けはまだ取れていない

近いうちに発表される可能性があるカメラ

  • ハイエンド APS-C Eマウント機がフォトキナかフォトプラスで発表される
  • ツァイスのAF対応のレンズ固定式フルサイズカメラ
  • α7S IIIが1〜2ヶ月以内に発表される可能性は90%だが、10月のフォトプラスで発表される可能性もあると思う

今後発表される可能性があるレンズ

  • FE135mm F1.8 GMは、おそらくフォトキナで発表される
  • FE24mm F1.4 GMは、フォトキナで発表される可能性が高い
  • フォクトレンダーの新しいFEレンズが登場するかもしれない
  • おそらくシグマからAPS-C Eマウント用 50mm F1.4が登場する
  • シグマからFE70-200mm F2.8が登場する可能性が高い
  • ツァイス Batis 40mm F2.0

2週間ほど前に、α6700と思われるハイエンドカメラの詳細スペック(噂)が登場しましたが、今回の情報によるとこのハイエンドカメラはα6500の後続機ではない可能性があるようです。

以前に登場したスペックが本当なら「ミニα9」とも呼べるハイエンドAPS-C機になりそうですが、今のところ富士フイルムX-T3も同じようなスペックになると噂されています。

なかなか登場しないα7S IIIは、1〜2ヶ月以内か10月25日から開催されるフォトプラスで発表される可能性が高いようなので、あともう少しの辛抱ですね。

ちなみに、今回の情報の信憑性は[SR4]と高めの評価が付けられています。

関連記事

おすすめ記事

Source:Sony Alpha Rumors

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。