MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ニコンがフルサイズミラーレスカメラ「Z6」と「Z7」を正式発表

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

ニコンが、オールラウンドモデルのフルサイズミラーレスカメラ「Z6」と、高画素モデルの「Z7」を正式に発表しました。ニコンダイレクトでの価格は、Z6ボディのみが27万2,700円(税込)、Z7ボディのみが43万7,400円(税込)。発売予定日は、Z7が2018年9月下旬、Z6が2018年11月下旬となっています。

ニコン Z6・ニコン Z7

  • 「Z 7」「Z 6」ともに、像面位相差AF画素搭載の裏面照射型CMOSセンサーを採用。「Z 7」は、有効画素数4575万画素と高画素ながら、常用感度ISO 64~25600を達成。「Z 6」は、有効画素数2450万画素で、ISO 100~51200の幅広い常用感度域を実現

  • 「Z 7」は493点、「Z 6」は273点のフォーカスポイントが、撮像範囲の水平、垂直約90%という広い範囲をカバー

  • 「Z 7」「Z 6」は、新画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載。さらに、ピクチャーコントロールのシャープネス調整に「ミドルレンジシャープ」を新たに搭載。既存の「輪郭強調」、「明瞭度」と併用して、画面内のテクスチャーをきめ細かくシャープに見せたりソフトに見せたりすることが可能

  • 「Z 7」「Z 6」ともに、約369万ドット、有機ELパネルを採用した電子ビューファインダーを搭載。視野率約100%、ファインダー倍率約0.8倍、対角視野角約37.0°

  • 「Z 7」「Z 6」は、小型ボディーを実現しながらもグリップはしっかりと握りやすく、サブセレクターやAF-ONボタン、ISOボタン、露出補正ボタンなどを素早く操作しやすい位置に配置

  • 「Z 7」「Z 6」は、フルフレームでの4K UHD/30pだけでなく、フルHD/120pの動画撮影も可能。10 bitでのHDMI出力時には、ニコン独自の「N-Log」が使用可能。また、他の動画素材との同期や、映像と音声の同期を容易にする「タイムコード」を、動画データに記録することも可能

  • 「Z 7」「Z 6」は、カメラ内手ブレ補正を搭載。手ブレ補正ユニットを5軸に駆動させて補正し、シャッタースピード最大5.0段分の高い補正効果を得ることが可能

  • 記録媒体はXQDカード

  • サイズは134×100.5×67.5mm。重さは約675g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約585g(本体のみ)

ついに話題のニコンのフルサイズミラーレスカメラ「Z6」と「Z7」が発表されました。スペックはほぼ噂通りで、記録媒体はXQDカードのみのようです。新製品発表会でも少し話が出ていましたが、ニコンは現在、撮影可能コマ数および動画撮影可能時間を約1.8倍に拡張できる「バッテリーパックMB-N10」を開発中だそうです。

すでにDPReviewが、Z7のハンズオン動画をYouTubeに投稿しています。

おすすめ記事

Source:ニコン

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。