MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ライカが「M10-P」を正式発表 シャッター音の静音性を大幅に向上

  • カテゴリー:
  • NEWS

ライカが、シャッター音の静音性を大幅に向上させた「LEICA M10-P」を正式に発表しました。希望小売価格は105万8,400円(税込)。発売予定日は2018年8月25日となっています。

ライカM10-Pは、シャッター音の静音性を大幅に向上し、レリーズ音をこれまでのM型カメラの中で最も小さく抑えていることが最大の特徴で、シャッター音はソフトかつ穏やかで、ほぼ無音で撮影することが可能。

デザインもシャッターと同様に目立たずに撮影することを好む写真家を考慮し、ライカの赤いロゴを無くし、代わりにトップカバーの上部に「Leica」の筆記体のロゴを刻印。もちろん、性能や材質などの仕様はライカ M10と同等の高い品質基準を満たしているとのこと。

M10-Pにはもう1つ大きな特徴として、Mシリーズで初めてタッチパネルを採用。ダブルタップによる拡大や、再生時のスワイプやピンチズームの操作が可能。その他、モニターとファインダーには新たに水準器を搭載。

センサーはM10と同様に2,400万画素のCMOSセンサーを搭載し、ISO範囲は100-50,000、3インチ液晶モニター、Wi-Fiを搭載。I/OポートやUSBポートは非搭載となっています。

すでにYouTubeにはハンズオン動画も投稿されていて、DPReviewにはサンプル画像が56枚掲載されています。

おすすめ記事

Source:ライカ, DPReview

Dylan