MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーα6700の詳細なスペックリストが登場 連写速度は20コマ/秒?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Sony Alpha Rumorsが、ソニーα6700の詳細なスペックリストを掲載しています。

  • 信頼できる情報提供者によれば、ソニーα6700はまだ年内に発表される予定だそうだ。信憑性の高い情報はまだ得ていないが、新しい情報提供者たちから以下のスペックリストを受け取った。これらのスペックは正しくないかもしれないが、当たっている可能性もある

次のα6000シリーズハイエンドカメラのスペック

  • 2400万画素の低照度性能が向上した新型センサー
  • ボディ内手ブレ補正が大幅に改善
  • AFと瞳AFがわずかに改善
  • 新しい改善されたローパスフィルター
  • 新しいソニーのカラーサイエンスを適用
  • 可動式液晶モニター
  • 4K60fps(クロップあり)/4K30fps(クロップなし)/熱暴走はしない
  • ローリングシャッターが大幅に改善
  • メモリカードはUHS-IIに対応
  • 起動が早くラグが少ない。全体的に高速になる
  • 改善されたUIとタッチパネル
  • 非圧縮RAW
  • 連写速度は20コマ/秒
  • シャッタースピードは1/8000
  • EVFのサイズは小さくなるが解像度は変わらない
  • USB 3.1
  • デュアルSDカードは非採用
  • Zバッテリーは非採用
  • ダイヤルの追加はなし
  • ジョイスティック非搭載
  • ローパスフィルターは取り除かれていない
  • 10bitの記録には非対応
  • 価格は1,399ドル
  • 予想される発表時期は今後3ヶ月以内

以前にα6700は「ベイビーα9」や「ミニα9」になるという噂がありましたが、今回の情報(噂)が本当なら確かに「ミニα9」と呼ばれても過言ではなさそうです。

連写速度はα9と同じ20コマ/秒になるようですが、センサーはα9と同じ積層型センサーが搭載されるのか気になりますね。ちなみに、富士フイルムX-T3も連写速度が20コマ/秒になると噂されており、積層型センサーが搭載される可能性があると言われています。

今回の情報が本当なら性能、価格共に魅力的なカメラになりそうですが、SARは今回の情報の信憑性を(SR2)とまだ低く評価しているので、現時点ではあくまでも噂の1つとして捉えたほうがいいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

Source:Sony Alpha Rumors

Dylan