MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

タムロンが「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」を正式発表 クラス最小・最軽量超広角ズームレンズ

  • カテゴリー:
  • NEWS

タムロンが、フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応超広角ズームレンズ「17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037)」を正式に発表しました。対応マウントはキヤノンとニコン。希望小売価格は8万5,000円(税抜)。発売日はニコン用が2018年9月4日、キヤノン用は順次発売となっています。

  • Model A037は「高画質な超広角ズームレンズを気軽に持ち歩く」といったコンセプトのもと、SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012) とは異なるラインとして新たに誕生した、長さ90.0mm、質量460gのクラス最小・最軽量超広角ズームレンズ

  • レンズ構成は10群15枚。特殊硝材LD (Low Dispersion: 異常低分散)レンズを贅沢に4枚採用、超広角ズームにおいて目立つことの多い倍率色収差を徹底的に抑制。さらに、2枚のGM(ガラスモールド非球面)レンズを適切に配置し、歪曲収差を始めとした諸収差も良好に補正

  • Model A037は、徹底的なゴースト解析シミュレーションを繰り返し実施し、光学設計の完成度を高め、さらに、反射防止効果の高いBBAR(Broad-Band Anti-Reflection)コーティングを採用し、ズーム全域でゴースト、フレアの発生を大幅に抑制

  • AF駆動ユニットは静音性に優れた「OSD」を採用。従来の当社DCモーター搭載機種と比較して、駆動音を大幅に低減することに成功。さらに、AFの精度とスピードも大きく向上

  • 7枚羽根の円形絞りを採用。開放から2段絞っても真円に近い形状を維持

  • レンズ鏡筒の可動部、接合の各所に、防滴用のシーリング材を施すことで、レンズ内部に水滴が侵入することを防ぐ簡易防滴構造を採用

15-30mm F2.8の重さは1,100gで、長さはキヤノン用で145mmでしたが、17-35mmでは焦点距離を17mmからにすることでかなり小型軽量になっていますね。重さは15-30mmの半分以下を実現していてコンセプト通り気軽に持ち歩くには良さそうです。

商品ページには18枚のサンプル画像も掲載されています。

ちなみに、タムロンは第2四半期決算説明会の資料も公開しており、資料の中で、「現状では発売⽇等の詳細は未定ですが、(2018年下期には)さらにもう1機種を発売する計画」と年内にもう1本発表する予定であることを明らかにしています。もしかするとこのレンズが噂されているコンパクトサイズのFE広角ズームレンズなのかもしれません。

おすすめ記事

Source:タムロン

Dylan