MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムX-T3の高速連写は20コマ/秒?クロップモードではさらに高速?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Fuji Rumorsに、富士フイルムX-T3の連写に関する情報(噂)とこれまでに噂されているスペックのまとめが掲載されています。

  • 富士フイルムX-T3の高速連写(CH)は20コマ/秒で、クロップモードではさらに高速になると教えてもらった。20コマ/秒は積層型センサーを搭載したα9と同じである

  • 現行のX-T2は、バッテリーグリップ装着時に11コマ/秒、電子シャッター設定時で14コマ/秒であることを思い出してほしい

以下は、これまでに噂されているX-T3のスペック

  • 高速連写は20コマ/秒で、クロップモードではさらに高速になる
  • X-T3のバッテリーグリップは新型になる
  • 発表はフォトキナ2018か、それ以前
  • 2,600万画素 X-Transセンサー
  • おそらく積層型センサー(まだ確認はされていないので、話半分)
  • 新型プロセッサー
  • ボディ内手ブレ補正非搭載
  • 発売は10月か11月
  • タッチパネル
  • バッテリー性能の向上
  • 新フィルムシミュレーション
  • 中国製

以前から、話半分程度に、X-T3には積層型センサーが搭載される可能性もあると噂されていましたが、今回の情報(噂)が本当だとすると、X-T3には積層型センサーが搭載され、X-T2から連写性能がかなり向上するのかもしれません。ちなみに、ソニーα9にはメモリー内臓の積層型CMOSセンサーが搭載されています。

関連記事

おすすめ記事

Source:Fuji Rumors

Dylan