MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムが新XFレンズ ロードマップを公開 新しく3本のレンズを追加

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムが、新しくなったXマウントレンズ ロードマップを公開しました。今回の更新で、新しく3本のレンズが加わり、今後XFレンズは34本のラインナップとなります。また、これまでロードマップに掲載されていた「XF200mmF2 R LM OIS WR」と「XF8-16mmF2.8 R LM WR」は本日正式に発表されました。

  • 今回の開発ロードマップでは、大口径標準単焦点レンズ「XF33mmF1 R WR」、広角単焦点レンズ「XF16mmF2.8 R WR」、標準ズームレンズ「XF16-80mmF4 R OIS WR」の3本を新たに加えた

  • XF33mmF1 R WR

    「大口径プライム」シリーズの標準レンズ。焦点距離33mm(35mm判換算:50mm相当)で、世界で最も明るい開放F値1.0を実現

  • XF16mmF2.8 R WR

    「コンパクトプライム」シリーズの広角レンズ。16mm(35mm判換算:24mm相当)の焦点距離、開放F値2.8でスタイリッシュな外観を実現。日常の気軽なスナップ撮影や風景撮影、旅先での撮影などに最適

  • XF16-80mmF4 R OIS WR

    広角16mm~中望遠80mm(35mm判換算:24mm~122mm相当)の焦点距離をカバーし、幅広い撮影領域に対応する標準ズームレンズ。ズーム全域において開放F値4.0の明るさで撮影することが可能。優れた接写性能も備え、室内や夕景などさまざまなシーンを1本でカバーすることができる

すでに昨日、新レンズロードマップで加わるレンズの情報が漏れていたので驚かない方もいるとは思いますが、噂通りの3本のレンズが新たにXマウントレンズ ロードマップに加わりました。

なお、富士フイルムは今後、単焦点レンズを大口径タイプの「大口径プライム」と小型軽量タイプの「コンパクトプライム」の2つのシリーズとして、またズームレンズのハイエンドタイプを「レッドバッジズームレンズ」シリーズとして、ミラーレスデジタルカメラでの撮影の楽しみを提案していくとのことです。

おすすめ記事

Source:富士フイルム

Dylan