MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ニコンのフルサイズミラーレスは4,000ユーロと2,500ユーロ?早ければ来週発表?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Nikon Rumorsが、ニコンのフルサイズミラーレスの価格に関する噂と、これまでに噂されているスペックのまとめを掲載しています。このところweb上ではニコンとキヤノンのフルサイズミラーレスの話題が盛り上がっており、特にニコンは7月23日にフルサイズミラーレスを発表するかもしれないと噂されています。

  • 噂されているニコンのフルサイズミラーレスの発表日まであと1週間となった。ヨーロッパの情報提供者から、価格に関する新たな情報を受け取った(この価格はレンズキットの価格と推測している)

    • 4,500万画素 フルサイズミラーレスカメラ:4,000ユーロ(約4,670ドル)

    • 2,400万画素 フルサイズミラーレスカメラ:2,500ユーロ(約2,900ドル)

  • 可能性のあるシナリオの1つとして、最初に4,500万画素のフルサイズミラーレスカメラが7月末に発表され、2,400万画素のフルサイズミラーレスカメラがフォトキナで発表されるかもしれないと噂されている。また、少なくとも1機種のフルサイズミラーレスの出荷が、8月末または9月の初めに開始されると噂されている

ニコンのフルサイズミラーレスカメラに関する噂まとめ

  • 2,400-2,500万画素と4,500万画素の2機種のフルサイズミラーレスの登場が予想されている。センサーは裏面照射型で、新しい技術を採用し、AFは進化しているはずだ

  • ソニーα7に似たボディサイズだが、よりエルゴノミクス(人間工学的)で優れたグリップを採用している

  • 5軸ボディ内手ブレ補正

  • 連写は9コマ/秒

  • 新しいミラーレスマウントが採用される。すでに分かっていたはずだが、今回得た情報によるとマウント径は55mmになる。数ヶ月前はZマウントの寸法は、マウントの内径が49mm、マウントの外径が65.4mmになると伝えていた

  • 新しいミラーレスマウントはF0.95のレンズに対応している。ニコンがNOCTの商標申請をしたことと、F0.9のレンズの特許を思い出してほしい

  • メモリーカードはXQDとCFexpressに対応。これは私も驚いたことだが、ProGradeはCFexpressを発売すると聞いている

  • EVFの解像度は360万ドット(アジアからきた情報のため翻訳が間違っている可能性もある)

  • 24-70mmと35mm、50mmの3本のレンズが最初に発表される(35mmと50mmはF1.4になると思う)。24mmも登場するとの噂もあるが、これは後に登場する可能性がる

  • 正式発表は7月末(7月23日前後)で、発売はすぐ後(8月23日)だと噂されている

  • AFポイントは400以上になる。正確な数は分からないが、430〜450の間になるはずだ。AFは非常に高速になるはずだ

  • 背面液晶モニターは、D850のようにチルトできる

  • 富士フイルムX-H1のように上面液晶モニターが採用される

  • 私が理解している範囲では、カメラ上面にはセレクションホイールが1つしか付いていない

  • ペンタ部の形状はソニーα7に比べてあまり角ばっておらず、滑らかになっている

  • 技術仕様書に8Kと記載されているのを見たが、翻訳版を入手することは難しい。これは動画のためではなく、おそらくD850の8Kタイムラプスのような機能だと思う

  • 新型ミラーレスの仕上がりは素晴らしく、かなり快適なグリップを採用している。テスト機を試した人物によると、全体的な操作性や感覚は優れているという

  • フラッシュは内蔵されない可能性が非常に高い

  • プロモーション資料にはダンサーが含まれているはずだ

  • 可能性がある製品名は、Z300とZ500(確認はされていない。推測の可能性もある)

  • ニコンはフルサイズミラーレスカメラの撮影体験に力を注いでいる(エルゴノミクス、優れたグリップデザイン、手ブレ補正など)

  • 4K動画

  • ニコンの新型ミラーレスカメラは、ソニーα7 / α7Rシリーズをターゲットにしていると噂されている

  • 新型ミラーレスカメラには、これまでに無かった特徴、または機能が搭載される

  • 少なくとも1本のミラーレス用ズームレンズには、パワーズームが採用されている(動画撮影用)

  • ニコンの新型ミラーレスカメラは確実に9月に開催されるフォトキナで展示される

  • ニコンは現在、多くの新型ミラーレス用のレンズを開発しており、これは優先事項として扱われていると聞いている

  • マウントは新しいZマウントが採用されると複数の情報提供者から確認が取れているが、最終的にZマウントではなく他の名称になるかもしれない

  • 非常に洗練された新しいFマウントアダプターが登場することも複数の情報提供者から確認がとれている

  • レンズには2つのAFモーターが搭載される

  • 過去6ヶ月の間に受け取った情報は全てフルサイズミラーレスに関するもので、APS-Cのミラーレスカメラに関するものではない

噂のまとめは全てこれまでに登場したもので、これといって新しい情報が追加されているわけではないですね。

Nikon Rumorsは新たに記事を掲載し、発表が1週間後というのはあくまでも ” 噂されている発表日 ” であって、1週間後に本当に発表されるかは確証がないとのこと。ちなみに、この件は以前にも伝えていて、おそらくNikon Rumorsは、7月23日に発表があるとすれば開発発表なのでは?と考えているように感じられます。また、噂の発表日まであと1週間となりましたが、ニコンが発表をするときに見られる典型的な兆候は今のところないようなので、7月23日に発表がない可能性もありそうです。

仮に7月の発表は無いとしても、確実にフォトキナでは展示されるようなので、8月または9月には発表されることになりそうです。

おすすめ記事

Source:Nikon Rumors

Dylan