MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ニコンが「COOLPIX P1000」を正式発表 換算24-3000mm 光学125倍ズーム採用

  • カテゴリー:
  • NEWS

ニコンが海外で、3000mm相当の超望遠撮影が可能な光学125倍ズームのNIKKORレンズを搭載した高機能コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P1000」を正式に発表しました。海外価格は999ドル。海外発売予定日は2018年9月となっています。

COOLPIX P1000は、広角24mm相当から超望遠3000mm相当までをカバーする光学125倍ズームを搭載。レンズには、旧型機のP900同様に、色収差の補正に優れたEDレンズとスーパーEDレンズを採用。明るさはF2.8-8となっています。

3000mmで物足りないという場合は、ダイナミックファインズームを使用することで、6000mm相当での撮影が可能。さらに、光学ズームと電子ズームを併用すれば、12000mm相当までズームすることが可能。手ブレ補正機構はシャッタースピード5段分。

センサーは1600万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを採用。ISO感度は最大で100〜6400。連写は7コマ/秒ですが、一度に7コマまでしか連写出来ないのはP900と変わらないようです。ただし、嬉しいことにP900では対応していなかったRAW記録に対応しています。

動画は4K30pに対応し、フルHDは60p〜25pでの撮影が可能。また、HDMI出力での外部レコーダー記録や外部マイクも使用可能。

Wi-FiとBluetoothに対応しているため、新しいBluetoothリモコンML-L7も使用することができます。

EVFは約230万ドットのOLED。レンズ構成は、EDレンズ5枚とスーパーEDレンズ1枚を含む12群17枚。背面モニターは3.2型92.1万ドット。

サイズは146x119x181mm。重さは1,415g。

長い間噂されてきたCOOLPIX P900の後続機P1000がついに正式発表されました。以前に噂されていた通り、レンズは換算24-3000mmの光学125倍ズームというモンスター級のレンズが採用されています。P900では対応していなかったRAWにも対応しました。

国内での正式発表はまだされていませんが、今日か明日にはされると思われます。

おすすめ記事

Source:ニコン, DPReview

Dylan