MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンのフルサイズミラーレスはフォトキナ2018ではなく、フォトキナ2019で登場?

  • カテゴリー:
  • NEWS

CanonWatchが、キヤノンのフルサイズミラーレスカメラは、来年5月に開催されるフォトキナ 2019の前に登場するかもしれないと噂しています。

  • キヤノンが、9月に開催されるフォトキナ 2018の前にプロ志向の新しいミラーレスカメラを発表するとの噂を多く受け取っているが、このカメラはAPS-Cになるかもしれない

  • キヤノンのフルサイズミラーレスカメラが中止されたわけではなく、フルサイズは5月に開催されるフォトキナ 2019の前に発表される可能性が最も高い。これまでの噂では、2018年9月、または2019年第1四半期の発表と示唆されてきたが、我々はキヤノンのフルサイズミラーレスは2019年の発表だと思い始めている

  • 現在、キヤノンが2機種のミラーレスカメラを今後8〜9ヶ月以内に発表すると考えており、最初のカメラはフォトキナ 2018の前に発表され、2機種目はフォトキナ 2019の前に発表されるだろう。前者はAPS-C機で、後者は待望のフルサイズミラーレスの可能性が高い

  • これらのカメラのスペックに関する手がかりはしばらく得ていないが、フルサイズミラーレスは3,600万画素前後、APS-Cミラーレスは2,800万画素前後のセンサーを搭載していると予想ている

どうやらCanon Watchは、噂のフルサイズミラーレスは来年5月に開催されるフォトキナ2019の前に発表され、今年開催されるフォトキナ 2018では新しいAPS-Cのミラーレスカメラが発表されると考えているようです。フォトキナ 2018の前には、EF-M32mm F1.4新しいキットレンズが発表されると噂されているので、もしかしたらこれらと同時に新しいAPS-Cミラーレスが発表されるのかもしれないですね。

キヤノンは現在2,400万画素、2,800万画素、3,600万画素の3種類のセンサーをテストしていると噂されていて、フルサイズが3,600万画素、APS-Cが2,800万画素となると残りの2,400万画素のセンサーはソニーα9に対抗する連写機に搭載されるという可能性もあるかもしれないですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:CanonWatch

Dylan