MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムX-T3はバッテリー持ちが改善され、タッチパネルを採用?

  • カテゴリー:
  • NEWS

FujiRumorsが、富士フイルムX-T3のバッテリーやスペックに関する情報(噂)を掲載しています。

  • 情報提供者によると、富士フイルムX-T3はバッテリー性能が改善され、タッチパネルが採用されるようだ

  • 富士フイルムは、新しいバッテリーチャージャー「BC-W126S」を認証機関に登録した。軒下デジカメ情報局はこのバッテリーチャージャーが何のカメラのものかは伝えていないが、今回の情報と組み合わせると、まさにX-T3に採用されるバッテリーだと考えられる

  • 我々の仮定が正しければ、まだ ” W126S ” の名称が付いているということは、X-T3がまだNP-W126Sと互換性があることを意味している可能性がある。しかし、大きなバッテリーになっている可能性もある。このことに関しては、現在確認中だ

  • したがって、現在噂されているX-T3のスペックは以下の通り

    • 発表は9月末に開催されるフォトキナ2018あたりか、それよりも少し前
    • ボディ内手ブレ補正非搭載
    • 2,600万画素のAPS-C X-Transセンサー
    • 積層型センサー(これは現時点では話半分に聞いておいて欲しい)
    • 新型X-Processor
    • バッテリー性能の向上
    • タッチパネル

X-T2のバッテリー持ちはあまり良い方ではないので、噂通りバッテリー性能が向上することに期待したいですね。X-T3は9月のフォトキナあたりで発表されると噂されているので、今後徐々に新たな情報(噂)が登場してきそうです。

関連記事

おすすめ記事

Source:FujiRumors

Dylan