MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニー、0.5型で最高解像度のUXGA有機ELマイクロディスプレイを発表。ドット数は576万

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーが、世界最小の6.3μm画素ピッチを達成し、従来比約1.6倍の高解像度を実現したEVFなどに使用される有機ELマイクロディスプレイを発表しています。

  • ソニーは、0.5型で最高解像度となるUXGA(1600×1200)を実現した有機ELマイクロディスプレイ『ECX339A』を商品化する

  • ソニー独自の有機ELディスプレイ技術と微細化プロセス技術により世界最小の6.3μm画素ピッチを達成し、従来の0.5型QVGA(1280×960)の約1.6倍の高解像度化を実現

  • カラーフィルターをシリコン基板上に直接形成し発光層との距離を縮めるとともに、カラーフィルターの色配置を工夫することにより、視野角特性を確保し、高解像度化を実現

  • 新規設計の駆動回路により、従来比2倍の240fpsまでのフレームレートに対応

  • 従来比2分の1の電圧で動作する新設計の周辺回路を採用することにより、画素数が約1.6倍に増加したにも関わらず、同一のフレームレートにおいて、従来品と同等の低消費電力を実現

UXGAのドット数は576万ドットで、α9やα7R IIIに搭載されているファインダーの総ドット数は368万ドットなので、かなり高解像度化している事がわかりますね。最大フレームレートも240fpsに対応していて、これまで以上に動く被写体を正確に捉えることができそうです。

年内の発表が予想されているα7S IIIに搭載されるのか気になりますが、量産出荷時期は2018年11月ですし、スペックが高いのでα9 IIや第4世代のα7シリーズで採用となるかもしれないですね。

おすすめ記事

Source:ソニー

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。