MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ニコンが近いうちにPFレンズを採用した600mm f/5.6 PFを発表する?

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

NikonRumorsに、PFレンズを採用したニコンの超望遠単焦点レンズ600mm f/5.6 PFに関する情報(噂)が掲載されています。

  • 今年、ニコンは新型NIKKOR 600mm f/5.6 PFレンズを発表す予定だ。この情報はかなり信頼できる情報提供者から教えてもらったもで、正確な発表日はわかっていないが、このレンズが6月〜8月の間に発表されても驚きではない

  • 今年の2月頃に600mm f/5.6 PFレンズに関する新しい特許について報告をしたが、その際、特許にはこのレンズの全長は33cmと記載されていた。ちなみに、NIKKOR 600mm f/4E FL ED VRの全長は43cmだ

  • 新型の600mm f/5.6 PFは、3.8Kgある現行の600mm f/4よりかなり軽く、安価なレンズになることが予想される

  • この安価で軽く小型の600mm f/5.6 PFとニコンD850の組み合わせは野生動物写真家にとって夢のような組み合わせになるだろう

ニコンは去年にD850を発表して以来大きな動きはありませんが、レンズは1月に超望遠ズームレンズNIKKOR 180-400mm f/4Eを発表しており、次に発表されるレンズも超望遠レンズになる可能性がありそうです。

ちなみにPFレンズの「PF」は、Phase Fresnel(位相フレネル)の略で、ニコンのサイトでは以下のように説明されています。

PF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズは、ニコンが開発した光の回折現象を利用して色収差を補正するレンズです。PF素子と通常のガラスレンズを組み合わせることで、優れた色収差補正能力を実現。PFレンズの強力な色消し効果によって、レンズの薄肉化や比重の小さい硝材の使用が可能となり、レンズの軽量化が可能になりました。

おすすめ記事

Source:NikonRumors

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。