MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンのAPS-C一眼レフのラインナップが再編成される?

  • カテゴリー:
  • NEWS

CanonRumorsに、キヤノンの今後のAPS-C一眼レフのラインナップに関する情報(噂)が掲載されています。

  • 2018年には興味が湧くような新しい一眼レフは登場しないようで、依然として重要な一眼レフは2018年には登場しないと聞いている(ただし発表は常にありうる)

  • また、EOS 80DとEOS 7D Mark IIの後続機に関して、今後APS-Cのラインナップにはなんらかの再編成が行われるとも聞いている。EOS 80Dはちょうど2年が経過したところで、EOS 7D Mark IIは9月で4年になる

  • 情報提供者によれば、この再編成は、EOS 80D/EOS 7D Mark Ⅱの2機種が3つのカメラに分けられ、EOS 7D Mark IIIがAPS-Cラインナップの頂点となり、残りの2機種がその下となり、2機種のうちの1機種はEOS 90Dで、もう1機種がEOS 7D Mark IIIとEOS 90Dの間にくるという

まだ詳しいことはよくわからないですが、どうやらEOS 7D Mark IIの後続機の7D Mark IIIがAPS-Cの最上位機種となり、その下となるEOS 90Dとの性能のギャップを埋めるため中間の機種が登場するといった感じのようです。

以前EOS 7D Mark IIIとEOS 90Dは2018年第4四半期または後半に登場するとの噂もありましたが、CRは2018年には重要な一眼レフは発表されないと聞いているとのことなので、これらの後続機の発表は早くとも2019年となりそうですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:CanonRumors

Dylan