MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムGマウント用エクステンションチューブ45mmと18mmのリーク画像が登場

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

軒下デジカメ情報局に、4月12日に富士フイルムから発表されると噂されているGマウントレンズ「GF250mmF4 R LM OIS WR」と「GF1.4X TC WR」のリーク画像が掲載されています。また、先日噂されていたGマウント用の2種類のマクロエクステンションチューブのリーク画像も掲載されています。

マクロエクステンションチューブ

GF250mmF4 R LM OIS WR

  • レンズ構成:10群16枚(EDレンズ2枚、スーパーEDレンズ1枚)
  • 絞り羽根枚数:9枚(円型絞り)
  • 最短撮影距離:1.4m
  • 最大撮影倍率:0.22倍
  • フィルター径:φ82mm
  • サイズ:φ108mm×203.5mm
  • 重さ:1425g
  • CIPAガイドライン準拠で5.0段分の手ブレ補正性能
  • 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造
  • フォーカスプリセット機能
  • 4つのフォーカスコントロールボタン
  • フォーカスプリセットやフォーカスコントロールボタンはGFX 50S Ver.3.10で対応
  • 予約開始日:2018年4月12日
  • 発売予定日:2018年5月下旬

GF1.4X TC WR

  • レンズ構成:3群7枚
  • サイズ:φ82mm×26.7mm
  • 重さ:400g
  • 対応レンズ:GF250mF4 R LM OIS WR
  • 発売予定日:2018年5月下旬

GF250mmF4やGF1.4倍テレコンバーターのスペックは先日明らかになっていましたが、新たに画像も軒下デジカメ情報局に掲載されていました。

先日、Gマウントレンズロードマップには載っていないエクステンションチューブも今後発表される可能性があるとされていましたが、噂通り45mm18mmのエクステンションチューブが登場するようですね。

今のところエクステンションチューブもGF250mmF4と同じ4月12日に発表されるのかどうかは、まだ分かっていないようです。

関連記事

おすすめ記事

おすすめ製品

Source:軒下デジカメ情報局

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。