MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンのC-RAWは、画質にほぼ影響を与えずにファイルサイズを小さくすることが可能

  • カテゴリー:
  • NEWS

DPReviewに、EOS Kiss Mで初めて搭載されたキヤノンの新しいRAWフォーマット[.CR3]のファイル形式C-RAWの画質テストの結果が掲載されています。

  • EOS M50は、最新のDIGIC8によって、キヤノン初のCR3のRAWフォーマットで保存することができるようになった。CR2が搭載されている従来のキヤノン機は、ロスレス圧縮か、解像度の低い「M」か「S」の形式で保存することができる。EOS M50のC-RAWを使用すると、解像度を落とすことなくロスレス圧縮よりもファイルサイズが30%〜40%小さくなる。だが、他に画質に影響するものはないのだろうか?

  • ISO100で撮影したスタジオテスト画像では、非圧縮のRAWとC-RAWを比べても違いはみられなかった。次に、スタタジオテスト画像を「ローライト」設定に切り替え、感度を7段分上げたISO12800でテストしたが、それでも両者に違いはなく、ノイズレベルも変わらなかった

  • EOS M50でまだ実行していないテストは多くあるが、現時点では、我々はキヤノンの新しいRAWフォーマットは、画質に大きく目立つ影響を与えることなく撮影でき、貴重なメモリカードとディスクスペースを節約できるとポジティブに考えている

この他にもDPReviewは、スタジオでのテスト撮影以外にも野外で青空を撮影し、C-RAWと非圧縮のRAWとで画質を比べていますが違いはみられなかったとのことなので、特別な理由がないかぎりC-RAWを使用した方がファイルサイズも小さくできるので良さそうですね。

関連記事

おすすめ記事

関連製品

Source:DPReview

Dylan