MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

CIPA: 2018年2月のデジカメ総出荷台数は前年同月比で26.6%減。ミラーレスの出荷台数も減少

  • カテゴリー:
  • NEWS

CIPA(カメラ映像機器工業会)が、2018年2月のデジタルカメラの出荷実績表を公開しました。

実績表によると2018年2月の世界のデジタルスチルカメラの総出荷台数は、前年同月比で26.6%減少しており、デジタルカメラ業界にとってあまり喜ばしくない結果となっています。

ただ、この減少に対してDPReviewは、落ち込みの大部分はコンパクトカメラの崩壊によるもので、レンズ交換式カメラだけに目を向ければ前年同月比の落ち込みはたったの5.4%落ち込んでいるだけだと前向きに伝えています。ちなみに、レンズ交換式カメラのうち一眼レフの2月の出荷台数は0.1%増になっているのに対し、ミラーレスは15.8%減少。

また、DPReviewによると、この出荷台数の減少は全体的に見れば、2017年の終盤の弱さが2018年の初めの弱さにつながっているように思えるが、例年通り3月の総出荷台数が2月を越えれば、レンズ交換式市場は少し安定する可能性はあるとのこと。

どうやらこの出荷台数減少の大半を占めているのはコンパクトカメラで、レンズ交換式カメラはそこまで落ち込んではいないようですね。

一眼に比べてミラーレスの出荷が減少していることが気になりますが、年内にキヤノンとニコンからフルサイズミラーレスが販売されれば2018年のミラーレス出荷台数は、2017年を超える可能性はありそうです。

おすすめ記事

Source:CIPA, DPReview

Dylan