MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーα7 IIIのダイナミックレンジや高感度性能はα7 IIから大きく改善され、α7R IIIと同程度

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーα7 IIIの高感度性能やダイナミックレンジをテストした結果がDPReviewに掲載されています。

  • α7 IIIの高感度性能は明らかにα7 IIから改善されており、同じサイズの画像で比較すると高感度性能はα7R IIIと同程度だ。これは素晴らしい結果ではあるが、驚くことではない

    α7 III – ISO25,600

    α7R III – ISO25,600

    α7 II – ISO25,600

  • α7 IIIのダイナミックレンジは、ベースISO感度では、ほぼα7R IIIと同程度だ。低感度ではα7R IIIが0.2EV、高感度ではα7 IIIが0.3EVダイナミックレンジが広いが、同サイズにリサイズしたラボ画像では両機とも同じように見える。また、両機ともISO640でダイナミックレンジがジャンプしているが、これはデュアルゲイン機能により第2のベースISOに切り替わるためだ(オレンジがα7 III、ブルーがα7R III)

  • 旧型のα7 IIと比較すると、ベースISOは旧型とほとんど同じだが、高感度ではデュアルゲイン機能のため、α7 IIIのダイナミックレンジは大きく改善されている(グリーンがα7 II、オレンジがα7 III)

  • では、ISO320よりISO640で撮影した方がいいのかと聞かれれば、それは必ずしもそうではない。低感度でも十分な光量がある場合には、低い感度(ISO200-500)を使うべきだ。ダイナミックレンジが全てではないことを思い出して欲しい、一般に光量が多ければ画質は良くなる

  • 結果として、α7 IIIの画質は、ほぼ最近の高性能なフルサイズセンサーに期待している通りのものだ。α7 IIIとα7R III、α7R II、ニコンD850の間に大きな違いはないが、もしα7からα7 IIIに乗り換える場合は、劇的な高感度性能の改善に気がつくだろう

上の画像を見てわかる通り、α7 IIIの高感度性能やダイナミックレンジは裏面照射やデュアルゲイン機能の搭載によりα7 IIに比べて大幅に改善されていることが分かりますね。

ソニーのフルサイズ機のベーシックモデルでこの性能となると、今後のα9 IIやα7S IIIにはかなり期待が高まりそうですね。

関連記事

おすすめ記事

関連製品

Source:DPReview

Dylan