MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムX-H1はISO6400でもノイズが少なくディテールが損なわれていない

  • カテゴリー:
  • NEWS

ImagingResourceが富士フイルムX-H1のスタジオサンプル画像を追加し、X-H1と7D Mark Ⅱ、GH5、α6500のISO感度を比較した画像を掲載しました。

  • 富士フイルムの新しいフラッグシップ機X-H1で最初のラボ画像を撮影した。これにより画像比較ツールで他のカメラとの比較も可能となった。今回の撮影では、これまで使用してきたXF60mm F2.4ではなく、XF90mm F2を使用したため、XF60mm F2.4より少しシャープになっている。そのため、X-H1をX-T2などの他の富士フイルムのカメラと比較する場合、比較にある程度の影響が出るので注意してほしい

  • これまでの経験では、例外はあるもののAPS-Cでは総合的にISO3200が最も快適な感度だったが、X-H1はただの例外ではなく、ルールブレイカーのように見える

  • ISO6400でのX-H1は、瓶のタイルパターンのディテールは豊富で、ボトルの後ろの影のような部分のノイズも少なく、APS-C機の中では非常に優れている

  • ISO6400での7D Mark Ⅱは、瓶のタイルパターンのディテールは豊富ではなく、瓶の後ろの部分にはノイズが多い

  • ISO6400でのGH5は、瓶の後ろの部分のノイズは7D Mark Ⅱほどではないが、瓶のタイルパターンのディテールはまだそれほど豊富ではない

  • ISO6400でのα6500は、瓶のタイルパターンのディテールは豊富だが、瓶の後ろの部分はノイズが多く、瓶の左上の輪郭部分のディテールも失われている

上の比較画像を見る限り、ISO6400でもX-H1のディテールは他の比較カメラに比べて損なわれておらず、ノイズも少ないことがわかりますね。

おすすめ記事

Source:ImagingResource

Dylan