MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーが「α7 Ⅲ」を正式発表。693点の像面位相差検出AFや連写10コマ/秒を実現

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーがフルサイズミラーレスカメラのベーシックモデル「α7 Ⅲ」を正式に発表しました。市場推定価格は、ボディのみで23万前後(税別)ズームレンズキット(28-70mm F3.5-5.6)は25万前後(税別)となっています。発売日は2018年3月23日。

  • ソニーは、新たに開発した有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと最新の画像処理システムを搭載し、ソニーの最先端カメラ技術を小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α7 III』を発売する

  • 有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーを新たに開発し、画像処理システムも新世代の画像処理エンジンBIONZ Xと画像処理をサポートするフロントエンドLSIに一新

  • イメージセンサーからの読み出し速度を約2倍に高速化したフロントエンドLSIの搭載により、高感度ISO204800の広い感度性能を実現。また、低感度時は、約15ストップの広いダイナミックレンジを実現

  • 高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.0段の補正効果を実現。動画撮影時も5軸で手ブレを高精度に補正

  • 画像処理システムの刷新に加え進化したAFアルゴリズムを搭載することで、AF速度・精度・追従性能が向上。撮像エリアの約93%をカバーする範囲に693点の像面位相差検出AFセンサーを配置したほか、コントラストAFを従来機『α7 II』の25点から425点に多分割化し、検出精度が大幅に向上。AF速度は低輝度時に最大2倍向上

  • 動体追従性能においては、イメージセンサーからの読み出し速度の高速化により、連写中のAF測距・演算頻度を高め、さらに最新の動体予測アルゴリズムを本機に最適化して搭載することで、従来機比約2倍に向上。AF-SモードでのAF検出輝度範囲の下限値はEV-3を達成。瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能の検出精度・速度が向上し、AF-Cモードにも対応

  • 従来機『α7 II』比の2倍となる最高約10コマ/秒のAF/AE追従高速連写を実現。無音・無振動のサイレント撮影時にも、同様に最高10コマ/秒での連写が可能。ライブビュー方式では最高約8コマ/秒

  • 全画素読み出しにより、4K映像に必要な画素数の約2.4倍の豊富な情報量を活用して4K映像を出力し、より解像感の高い臨場感のある映像表現が可能。フォーマットは、フルサイズとスーパー35mmから選択が可能。4Kの記録フォーマットには、XAVC Sを採用しており、最大100Mbpsの高ビットレートで高画質記録が可能

  • S-Log2に加えて、シャドウからミッドトーンにかけての階調特性を重視したS-Log3を搭載

  • フルHD映像で120fpsのハイスピード撮影や、最大5倍までのスローモーションと、最大60倍までのクイックモーション撮影機能を搭載

  • 充電一回あたり、ミラーレスカメラとして業界最大710枚の静止画撮影が可能。また、同時記録やリレー記録に対応する2つのメディアスロットを搭載

海外の噂サイトは今回ソニーからα7 Ⅲが発表される可能性は75%ぐらいだろうと噂していましたが、α7 Ⅲがついに正式に発表されました。スペックは噂されていたものとは違い(いい意味で)、AFの大幅な向上、高感度性能の強化、連写10コマ/秒、5段分の効果の手ブレ補正、全画素読み出しの4K動画が採用されるなどα7 Ⅱに比べて大きく基本性能が強化されたモデルとなっています。

ボタンなどの操作系は、ジョイスティックが採用されα7R Ⅲに似たものとなっており、ボタン配置もα7R Ⅲと同じような感じになっています。

価格もベーシックモデルでありながらこの性能でボディのみで23万前後となるとかなり人気が出るモデルとなりそうですね。

おすすめ記事

Source:SONY

Dylan