MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンが「スピードライト 470EX-AI」を正式発表。バウンス撮影を自動化する「AIバウンス機能」を世界初搭載

  • カテゴリー:
  • NEWS

キヤノンがバウンス撮影を自動化する「AIバウンス機能」を搭載した「スピードライト 470EX-AI」を正式に発表しました。スピードライト 470EX-AIは、ストロボが適切な発光部の角度を自動設定する「AI.Bフルオート」モードと、カメラの縦横の姿勢変化に応じて、ストロボに記憶させた発光部の角度に自動的に再設定する「AI.Bセミオート」モードを搭載しているのが特徴。キヤノンオンラインショップでの価格は、5万9,184円(税込)となっています。発売日は2018年4月下旬。

  • キヤノンは、レンズ交換式カメラEOSシリーズ用のアクセサリーとして、ポートレート撮影に適した外部ストロボ“スピードライト 470EX-AI”を2018年4月下旬より発売する

  • 最大ガイドナンバー約47の大発光量と、焦点距離24-105mm対応の照射角に加え、発光部の角度を上120°、左右180°まで柔軟に設定できるなど、バウンス撮影に適した充実した基本性能を備えている

  • バウンス撮影を自動化する「AIバウンス機能」を世界で初めて搭載。ストロボが適切な発光部の角度を自動設定するストロボ初心者向けのフルオートモード「AI.Bフルオート」と、カメラの縦横の姿勢変化に応じて、ストロボに記憶させた発光部の角度に自動的に再設定する中上級者向けのセミオートモード「AI.Bセミオート」を備えている

すでにYouTubeにはAI.BフルオートとAI.Bセミオートの機能紹介の動画が公開されていますが、フルオート機能は「ストロボがプリ発光し、被写体までの距離を計測」→「ストロボが自動で天井を向きプリ発光し、天井との距離を計測」→「計測結果をCPUが瞬時に計算」→「被写体との距離、天井の高さに応じて最適なバランス角度を導き出す」といった感じで自動でストロボの角度を設定してくれるようです。

動画で見る限り、ストロボがプリ発光してから角度を自動設定するまでの時間も速いように感じますし、セミオート機能のカメラを縦横に切り替えても設定した角度に自動的に再設定してくれるのも使い勝手が良さそうです。

フルオート機能 + セミオート機能 フルver.

フルオート機能

セミオート機能

おすすめ記事

Source:Canon

Dylan