MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンが「EOS Kiss M」を正式発表。DIGIC 8の搭載により基本性能が向上

  • カテゴリー:
  • NEWS

キヤノンが同社のAPS-C機で初の4K動画に対応したミラーレスカメラ「EOS Kiss M」を正式に発表しました。キヤノンオンラインショップでの価格は、ボディのみが7万9,380円(税込)15-45mmレンズキットが9万5,580円(税込)18-150mmレンズキットが13万2,300円(税込)ダブルズームキット(15-45mmと55-200mm)が12万420円(税込)ダブルレンズキット(15-45mmと22mm)が11万2,860円(税込)となっています。

  • キヤノンは、エントリークラスの一眼レフカメラにおける代表的なブランド「EOS Kiss」を製品名に初めて冠したミラーレスカメラ“EOS Kiss M”を2018年3月下旬より発売する

  • 新映像エンジンDIGIC 8の高速画像処理により、「デュアルピクセルCMOS AF」が進化し、最大99点の測距点で高速・高精度なAFを実現するとともに、対応する交換レンズ装着時には測距エリアが拡大し、最大143点の測距点で素早い合焦が可能

  • AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒、AF固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写が可能

  • 新映像エンジンDIGIC 8とAPS-Cサイズ・約2410万画素のCMOSセンサーにより、明るさやコントラストを自然な印象に自動補正する「オートライティングオプティマイザ」の性能が向上したほか、高精細な4K撮影が可能に

  • タッチ操作対応のバリアングル液晶モニターや、快適なファインダー撮影ができる高精細な内蔵EVFを採用

ついに噂されていたキヤノンEOS Kiss Mが正式に発表されました。Kiss Mはエントリーユーザー向けながらも、画像処理エンジンはDIGIC 8を搭載したことで、AF性能や連写速度、動画性能が強化されており、キヤノンのAPS-C機では初の4K動画に対応しています。

キタムラでの価格は、ボディのみが7万1,440円(税込)、15-45mmレンズキットは8万6,020円となっています。

おすすめ記事

Source:Canon

Dylan