MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

リコーが「PENTAX K-1 Mark Ⅱ」を正式発表。最高ISO感度819200の超高感度撮影を実現

  • カテゴリー:
  • NEWS

リコーが高感度性能や各機能の使いやすさを向上したPENTAX K-1の後続機「PENTAX K-1 Mark Ⅱ」を正式に発表しました。リコーイメージング公式通販サイトでの価格は、ボディのみで25万3,800円(税込)レンズキット(28-105mm WR)は31万500円(税込)となっています。発売日は2018年4月下旬。

  • リコーは、Kシリーズ35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1 Mark II」を発売する

  • K-1 Mark Ⅱは、新たに搭載したアクセラレーターユニットと画像処理エンジン”PRIME IV“との連携により、高速で快適な動作と高度なノイズ処理を両立し、さらなる高画質化と超高感度性能を実現。最高ISO感度は819200

  • また、画像処理パラメーターも全面的に見直しをおこない、特に”深い青”や”生き生きとした緑”の再現性を高めたPENTAXならではといえる絵づくりを追求

  • イメージセンサーユニットを1画素ずつ微細にずらしながら4回撮影した画像を1枚の画像に合成する超解像撮影に加え、新たに手持ち撮影モードを備えた”リアル・レゾリューション・システムII“を追加。従来の三脚固定による撮影に加え、さらに幅広いシーンでも超高精細画像の撮影を楽しむことができる

  • また、手持ち撮影を可能にした、新開発の”手ぶれ補正モード”では、連続撮影時のわずかな揺らぎを利用して超解像画像の合成をおこなうため、手ぶれ補正機能との併用が可能

  • その他、5軸・5段の高性能手ぶれ補正機構”SR II”や暗所での使いやすさを向上したフレキシブルチルト式液晶モニターなどを採用

  • 本体の前後および下部の外装には軽量かつ堅牢なマグネシウム合金を採用。防塵・防滴仕様。耐低温は-10℃

ここ数日噂されていたペンタックスK-1 Mark Ⅱが正式に発表されました。スペックは噂通りといった感じで、アクセラレーターユニットが搭載され高感度性能が強化されたことと、手持ち撮影が可能なリアルレゾリューションシステムⅡが搭載されたことがK-1との大きな違いのようです。

併せて、リコーはPENTAX K-1をK-1 Mark Ⅱと同等の機能にアップグレードする「PENTAX K-1」アップグレードサービスの実施も発表しました。受付期間は2018年5月21日~2018年9月30日、料金は5万4,000円(税込)となっています。

関連記事

おすすめ記事

Source:RICOH

Dylan