MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックが8K60p対応グローバルシャッター搭載有機CMOSセンサーを開発

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックが8K画質、60fpsの高速フレームレート読み出し、グローバルシャッター撮影が可能な3600万画素 有機CMOSセンサーを開発しました。

  • パナソニックは、8K画質を実現する、3600万画素の高解像度で、60fpsの高速フレームレート読み出し、かつ、45万電子の高飽和と、感度変調機能を有するグローバルシャッタ撮像が可能なCMOSイメージセンサ技術を開発した

  • 本開発は、以下の特徴を有している
    (1) 8K解像度、60fpsフレームレート、45万電子飽和、グローバルシャッタ機能を同時実現
    (2) ゲイン切り替え機能により、高感度モードと高飽和モードの切り替え撮影が可能
    (3) 有機薄膜へ加える電圧制御により、無段階にNDフィルタ機能の実現が可能

  • 有機CMOSイメージセンサでは、配置自由度のある回路部に大容量の容量素子を搭載することで、同一画素構成を用いながら、カメラシステムからのスイッチ切り替えのみで、高感度モードと高飽和モードの両モードを実現

  • 有機薄膜へ加える電圧を制御するだけで、有機薄膜の感度を変更可能。本機能を活用することで、従来のシリコンイメージセンサでは実現できなかった、8K解像度での全画素同時撮像可能なグローバルシャッタ機能や、感度を連続、無段階に変更可能な「電子NDフィルタ技術」を用いたNDフィルタ機能を実現することができる

  • 電子NDフィルタ技術では、有機薄膜へ加える電圧を制御し、有機薄膜の感度を所望の値に変更することで、従来、撮影条件により複数のNDフィルタを装備することが必要であったカメラ使用シーンにおいて、カメラシステムへの電圧制御のみで、電気的にNDフィルタ機能を実現することが可能となる

  • パナソニックは今後、これらの有機CMOSイメージセンサ技術を、業務放送用カメラ、監視用カメラ、産業検査用カメラ、車載用カメラなど幅広い用途に提案し、高解像度・高速・高精度なイメージング、センシング機能の実現に貢献していく

ついにパナソニックから有機CMOSセンサーが登場しましたが、センサーサイズはマイクロフォーサーズになるのかフルサイズになるのか、またはそれ以外になるのか気になりますね。

このセンサーと同じものがGHシリーズに導入されるかどうかは現時点ではまだわからないですが、まずは業務用機に導入され、その後GHシリーズに導入されるという流れになりそうです。

おすすめ記事

Source:Panasonic

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。