MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

シグマが「14-24mm F2.8 DG HSM Art」を開発発表。5000万画素クラスのFF機に対応

  • カテゴリー:
  • NEWS

シグマが大口径超広角ズームレンズ「14-24mm F2.8 DG HSM | Art」の開発を発表しました。今のところ発売日、価格は共に未定となっています。

  • シグマは、「ゼロ・ディストーション」の14mmから始まる大口径ズームレンズ、SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artの開発を発表する。対応マウントはシグマ、ニコン、キヤノン。発売日、価格は共に未定

  • SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art は、ズームレンズとして究極の超広角レンズを目指し、ズーム全域F2.8という明るさの達成と、歪曲収差を最小限に抑えるなどすべての焦点域、すべての撮影距離で高画質を達成した大口径超広角ズームレンズの決定版

  • 5000万画素を超える高画素機での使用を前提に、ズーム全域で周辺まで高い性能を実現するため、FLDガラス3枚SLDガラス3枚に加え、大口径非球面レンズをはじめとした非球面レンズを3枚を使用

  • キヤノン用については、カメラに搭載されるカメラ内収差補正機能「レンズ光学補正」に対応

  • Sportsライン同様の防塵防滴機能を備えた、プロフェッショナル仕様

  • フロントの一体型花型フードを円形の専用パーツへ交換する「フロント交換サービス(有料)」の提供を予定。費用は20,000円(税込)。遮光部分をカットした円形の専用部品に交換することで、マルチカメラ撮影におけるレンズ同士の干渉を最小限に抑えることが可能

先日から噂されていた14-24mm F2.8 DG HSM Artの開発発表がされましたが、シグマはこのレンズを「ズームレンズとして究極の超広角レンズを目指した製品」と謳っていることから自信のあるレンズに仕上がりそうな予感ですね。

ちなみに、有償のフロント交換サービスに要する期間は、約1週間だそうです。

おすすめ記事

Source:SIGMA

Dylan