MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムが「X-A5」を正式発表 361gの小型軽量ボディに新開発センサーを搭載

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムがXシリーズのエントリーモデル「FUJIFILM X-A5」を正式に発表しました。X-A5はX-A3の後続機にあたり、新開発の小型軽量交換レンズ「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」をセットにしたレンズキットはXシリーズのズームレンズキットとして最軽量の496gを実現。フジフイルムモールでの価格は、ボディのみで6万4,260円(税込)、XC15-45mmのレンズキットは8万460円(税込)となっています。

  • 富士フイルムは、Xシリーズに新たなミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-A5」をラインナップする。新開発の小型軽量な交換レンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」をセットにしたレンズキットは2018年2月15日、カメラ本体のみは2018年2月22日の発売を予定

  • 「X-A5」は、361gの小型軽量ボディに、像面位相差AFに対応した2424万画素センサーと処理速度が1.5倍に向上した画像処理エンジンを搭載

  • AF速度を2倍に高速化した「インテリジェントハイブリッドAF」により、さまざまなシーンをより素早く、美しく、確実に撮影することが可能。また、省電力設計により、一度の充電でクラス最高となる450枚の標準撮影枚数を実現

  • X-A3では6400だったISO感度の常用領域を12800まで拡大

  • キットレンズ「XC15-45mmF3.5-5.6」は、レンズ初搭載の電動ズーム機能により、広角23mm(35mm判換算)からの滑らかな駆動を実現。静止画のみならず動画撮影時にも、滑らかなズームが可能

  • 大型背面液晶モニターを180度回転させることで、背面のコマンドダイヤルがズームボタンとシャッターボタンに自動切替。これらのボタンでズームを操作でき、シャッターを切ることができるため、「自分撮り」がより簡単に行える

  • Bluetooth対応によりスマートフォンやタブレット端末へ簡単・即時に自動転送が可能で、InstagramなどSNSを通じてお気に入りの写真をその場でシェアすることができる

  • 4K動画撮影機能に加え、「Xシリーズ」初となるさまざまな撮影機能を搭載

X-A5の外観はほとんどX-A3と変わっていないものの、像面位相差AFに対応したセンサーや、処理速度が1.5倍に向上した画像処理エンジンが採用されるなど基本的な部分が強化された印象ですね。また、Bluetoothの採用や自撮りのしやすさ、美肌モード、4K動画などを採用し、X-A3同様に若い女性にもアピールしていることがうかがえる仕様となっています。

関連記事

おすすめ記事

Source:富士フイルム

Dylan