MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムX-H1の発売は3月?

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

2月15日前後に富士フイルムから発表されると予想されているX-H1の発売月は3月になる予定だとFujiRumorsが伝えています。

どうやらX-H1の発売は3月のようですが、FujiRumorsは、富士フイルムは度々予想される発売月よりも遅れて販売することがあると説明し、今回は予想通りに販売されることに期待しているとも伝えています。

また、日本でのX-H1の発表日時は2月15日午後2時前後だそうで、その他サンフランシスコでは2月14日午後9時前後、ニューヨークでは2月14日/15日の深夜0時前後になるようです。

X-H1の噂されているスペックは以下の通り

  • 発表日は2018年2月15日
  • AF速度はX-T2よりも高速
  • X-H1には5軸ボディ内手ブレ補正(IBIS)が搭載される
  • IBISは全てのフジノン Xマウントレンズで動作する
  • センサーは全画素読み出し
  • IBIS(ボディ内手ブレ補正)とOIS(レンズ内手ブレ補正)は今のところ連動しない
  • センサーシフトマルチショット(ハイレゾショット)には対応しない
  • 大型のグリップが採用されるなど、X-T2と比べてデザインの変更がされる
  • 2,400万画素 X-Trans Ⅲ センサー搭載
  • 発売は3月
  • 価格は2,000ドル前後
  • 新しいフィルムシミュレーション「Eterna」を採用
  • 露出ダイヤルは非採用だが、GFXのような上面液晶を採用
  • 画像処理エンジンはX-T2などと同じX-Processor Proを採用
  • バッテリーはX-T2と同じNP-W126Sを採用
  • X-T2と同じ3方向チルト式スクリーンでタッチパネル対応
  • 動画性能は、4K30p 4:2:0 8bit 200Mbps 1.17倍クロップ
  • F-Logの内部記録が可能
  • ヘッドホンジャック
  • 4Kフォト / タイムラプス
  • X-T2より30%以上高画素化したEVFを搭載
  • 連写時のEVFのブラックアウト時間はX-T2に比べ大幅に短縮され、基本的にはブラックアウトフリーになる

また、1月31日には富士フイルムからX-A5XC15-45mm f3.5-5.6 OISが発表されると噂されています。

関連記事

おすすめ記事

Source:FujiRumors

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。