MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーはCP+ 2018に向けて何を発表する?期待できる新型カメラ&レンズリスト

  • カテゴリー:
  • NEWS

3月に開催されるCP+ 2018に向けてソニーから発表されることが期待されている新型のカメラ&レンズのリストがSonyAlphaRumorsに掲載されています。CP+ 2018は3月1日〜4日にかけてパシフィコ横浜/大さん橋ホールで開催される予定です。

SARは、ソニーはすでに未発表のカメラを認証機関に登録済みで、これは通常3〜4ヶ月以内に新型のカメラが発表されることを意味しているということ、また、ソニーはα5000をディスコン扱いにしたということを踏まえて、以下の発表が期待できるカメラ&レンズのリストを掲載しています。

  • α7 Ⅲとα7S Ⅲが今年に発表されることは分かっているが、α7S Ⅲは4月に開催されるNABで発表される可能性が高いことから、α7 ⅢがCP+で発表されると推測している

  • 新型のα5000シリーズ APS-C Eマウントカメラもよく噂されている

  • RXシリーズは通常5月〜6月に発表される。もしソニーがこの伝統にこだわるなら、新型のRXのカメラはCP+では発表されないだろう

  • レンズでは、FE135mmFE200-600mmが発表される可能性がある

  • シグマから初のFEレンズ郡が発表されるかもしれない。このことは最も関心が高まっている

  • Venusopticsが、APS-C Eマウント用レンズLAOWA 9mm F2.8を発表する

  • ツァイスのFEレンズ 25mm F2.4も登場する

上記のリストはほとんどが未確認だそうで、確定したわけではないですが、α7 Ⅲが発表されるかどうかには注目が集まりそうですね。今年はサードパーティからシグマがFEレンズへ参入するということなので、このこともかなり注目が高くなりそうです。ちなみにシグマ初のFEレンズArtシリーズになると噂されています。

α6700の情報も流れていますが、α6700は2018年下半期に発表されるだろうと噂されています。

おすすめ記事

Source:SonyAlphaRumors

Dylan