MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックGH5Sが発表されたとのフライング記事を海外のニュースサイトが掲載

  • カテゴリー:
  • NEWS

まもなくパナソニックから発表されるであろうGH5Sですが、海外のテクノロジーニュースサイトtechradarがGH5Sが発表されたとのフライング記事を掲載しました。

  • パナソニックはラスベガスで開催されているCES 2018で動画にフォーカスしたミラーレスカメラLumix GH5Sを発表した

  • GH5Sは、GH5に搭載されていた2,033万画素の4/3型Live MOSセンサーではなく完全に新型の1,020万画素のセンサーが搭載された。これにより、ISOの上限値はGH5のISO25,600からISO51,200に改善されている

  • GH5Sは、暗所でのノイズを減少させるため、デュアルネイティブISOテクノロジーが採用されている

  • 静止画では、14bit RAWでの撮影が可能で、新開発のマルチアスペクトセンサーにより同じ画角で、4:3、17:9、16:9、3:2のアスペクト比を選択できる

  • GH5SはC4K 60pでの撮影が可能になった。また、4:2:2 10bitでの内部記録に対応し、GH5では有償アップデートであったV-Logが標準で搭載されている

  • フルHD、4K動画は制限時間なく何時間でも録画することができ、HLGを使用した4K HDRでも時間制限はない

  • GH5Sはタイムコード IN/OUT端子も搭載され、撮影時に複数の互換性のあるデバイスと簡単にシンクロすることができる

  • デザインは、カメラ上部にある赤い録画ボタンと赤いリングのついたモードダイヤル以外はGH5と同じだ

  • ボディにはマグネシウム合金フレームが使用され、防塵防滴、マイナス10℃の耐低温設計

  • GH5と同じ、UHS-Ⅱに対応したデュアルメモリカードスロット、HDMI Type A端子、EVF、液晶モニターが採用されている

  • GH5Sはライブビューブーストによって、ライブビューの感度をあげ、暗所での撮影がしやすくなっている

  • AFもGH5に比べ改善されており、225点のAFポイントは同じだが、低輝度は-5EVに対応している(GH5は-4EV)

  • 連写はGH5と同じく、12bit RAWではAFSで12コマ/秒、AFCだと8コマ/秒。14bit RAWの場合、AFSで11コマ/秒、AFCで7コマ/秒

  • 発売は1月末から。価格はボディのみで2,199ポンド/2,499ドル。

どうやらフライング記事だったようで、現在は元記事が削除されています。ただ、ソースのリンクをクリックすればおそらくキャッシュで見ることができると思います。

スペックは噂通りといった感じですが、ボディ内手ブレ補正には触れていないので搭載されているのか、されていないのかはまだわからないですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:techradar

Dylan