MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

2018年に発表が期待できるソニー&サードパーティ製Eマウントレンズ

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーやシグマ、トキナーなどのサードパーティブランドから2018年に発表されると噂されているEマウントレンズのリストをSonyAlphaRumorsが掲載しています。

2018年に100%リリースされると確信しているレンズ

  • ソニー 400mm F2.8 FE GM OSS
  • ツァイス 25mm F2.4 FE
  • LAOWA 9mm F2.8 APS-C Eマウントレンズ

2018年に発表されるかもしれないと噂されているレンズ

  • ソニー 135mm F1.8 FE … 可能性は80%
  • ソニー 20mm F2.8 … 可能性は50%
  • ソニー 18-55mm F2.8 APS-C Eマウント … 可能性は50%
  • ソニー 200-600mm FE … 可能性は30%
  • シグマ 35mm F1.4 Art FE … 可能性は80%
  • さらなるシグマArtシリーズの単焦点レンズ。14mm、21mm、50mm、135mmのうちから1本か2本 … 可能性は80%
  • トキナー 超広角 AF対応 FEレンズ … 可能性は90%
  • トキナー 大口径広角 AF対応 FEレンズ … 可能性は90%
  • トキナー 標準ズーム AF 対応 FEレンズ … 可能性は90%だが2019年の初め頃になるかもしれない
  • ツァイス Batisシリーズの単焦点レンズ(35mmから50mmの間)
  • Samyang AF対応レンズ(焦点距離は明らかになっていないが、100mmまたは135mmの単焦点レンズとズームレンズになりそうだ)

このリスト通りに全てのレンズが発表されるとなると2018年は多くのEマウントレンズが登場しそうですね。今年はシグマも参入するようなので、サードパーティ製レンズも増え選択肢の幅がより一層広がりそうです。

また、フォクトレンダーも65mm F2 マクロに続く、125mm F2 マクロのFEレンズを開発中とも噂されているので2018年に発表あるいは何かしら動きがある可能性がありそうです。

おすすめ記事

Source:SonyAlphaRumors

Dylan