MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムX-H1の高感度性能はα7Sと同じISO409,600になる?

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムX-H1の高感度性能やボディ、スペックに関する情報(噂)がPhotoRumorsに掲載されています。高感度性能に関する噂はこれが初めてで、ソニーα7Sと同等の高感度性能になるはずだと噂しています。

  • 近日中に登場する富士フイルムX-H1の追加情報をいくつか受け取った

  • 現在、X-H1はテストされている

  • X-H1はGFXに似ており、操作系のレイアウトはほとんどGFXと同じようなものを採用しているが、サイズはX-T2と同じくらいでGFXよりも小さい

  • X-H1はボディ内手ブレ補正を採用し、1080 120fps(4Kのfpsはもっと低くなる)での記録が可能で、動画ユーザーをターゲットにしている

  • 低照度性能はソニーα7Sと同等になるはずだ ※α7Sの最高ISO感度はISO409,600

以下は、以前Fujiaddictが掲載したX-H1のスペックリスト。

  • ボディ内手ブレ補正
  • 2018年2月に登場することが予想されている
  • 最大フレームレート:4K 30fps / HD 120fps
  • X-T2よりもハイクオリティの動画
  • 露出補正ダイアルの代わりに露出補正ボタンを配置
  • モノクロの上面液晶がある
  • バッテリーはWP-126S
  • より大きくて、より深いグリップ
  • X-T2と同じプロセッサー
  • 防塵防滴仕様
  • ビデオグラファーとフォトグラファー両方に向けたハイブリッドカメラ
  • 価格は1,900ドル〜2,200ドルの間

ここ最近X-H1の情報が出ていませんでしたが、操作系のレイアウトはやはりGFXと似たデザインになるようですね。高感度性能はα7Sと同等となると、APS-Cセンサー機の中ではかなり高い高感度性能を持ったカメラになりそうです。

スペックに関してはFujiRumorsも以前にスペックリストを掲載しており、F-Logの内部記録や新しいフィルムシミュレーション「ETERNA」が採用されるだろうと伝えています。

関連記事

おすすめ記事

Source:PhotoRumors

Dylan