MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナライカ200mm F2.8は高機能で撮るのが楽しいレンズだが価格がネック

  • カテゴリー:
  • NEWS

先日パナソニックから発売された「LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.」のレビュー記事がePHOTOzineに掲載されています。ePHOTOzineは、パナライカ200mm F2.8は高機能で、有用なテレコンバーターが付属し、使用するのが楽しい非常に良いレンズだと評価。その一方で、価格がネックだとも評価しました。

LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.の良いところ

  • 素晴らしいシャープネス
  • 低い色収差
  • フレア無し
  • 高速AFと最短撮影距離
  • 素晴らしいデザインと設計
  • 非常に有用なテレコンバーター
  • 素晴らしいOIS
  • 防塵防滴耐低温仕様
  • コンパクト

LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.の悪いところ

  • 価格が高い

ePHOTOzineは価格設定が高いことを短所としてあげていますが、それでもフルサイズ用の超望遠レンズを購入するのに比べたらすごい高いわけでも無いと説明。総合評価では星5つを獲得し、パナライカ200mm F2.8は、非常に使いやすいテレコンバーターを備えた、マイクロフォーサーズ用 超望遠レンズだと締めくくっています。

パフォーマンス面に関しては、MTFチャートとCA(色収差)チャートが掲載されています。

MFTチャート

  • 中央:F2.8〜F11までの解像力は素晴らしい。F16は良好。F22では回折現象によりパフォーマンスが落ちているがそれでも良い基準を保っている。
  • 周辺:F2.8の解像力は非常に良好。F4〜F11までは素晴らしい。F16は非常に良好。F22はソフト。
  • 中央(テレコン装着時):F4〜F8までの解像力は素晴らしい。F11とF16は非常に良好。F22は良好。
  • 周辺(テレコン装着時):F4およびF5.6は良好。F8およびF11は非常に良好。F16は良好。F22およびF32はソフト。

CA(色収差)チャート

CAチャートに関しては、色収差は非常によく補正されており、中央部、周辺部共に0.5px以下に保たれている。テレコンバーター装着時は色収差の数値が若干高くなるが、それでも0.5pxあたりを維持している。どちらの場合もこれ以上の修正をする必要はないだろうと解説しています。

フレアは問題はなく、ボケは非常に滑らかなグラデーションになっていると評価。

他にもOISに関しても触れており、OISシステムはとても歓迎される追加機能で素晴らしいが、野生動物など動体を撮影するときはOISをオフにすることを勧めるとしています。

関連記事

おすすめ記事

Source:ePHOTOzine

Dylan