MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムX-H1の4Kフォトは基本的にタイムラプス機能?

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムX-H1にはパナソニックのような4Kフォト機能が搭載される可能性があると以前にFujiRumorsが伝えていましたが、新たにこの4Kフォト機能は基本的にはタイムラプス機能になるとの情報を提供してもらったとFujiRumorsが伝えています。

ただ、この4Kタイムラプス機能は切り出しができるのかどうなのかなど詳細はまだわかっていないようで、今後の情報待ちということになりそうです。

加えてこれまでに噂されているX-H1のスペックも掲載されています。

  • X-H1には5軸ボディ内手ブレ補正(IBIS)が搭載される
  • IBISは全てのフジノン Xマウントレンズで動作する
  • センサーは全画素読み出し
  • IBIS(ボディ内手ブレ補正)とOIS(レンズ内手ブレ補正)は今のところ連動しない
  • センサーシフトマルチショット(ハイレゾショット)には対応しない
  • 大型のグリップが採用されるなど、X-T2と比べてデザインの変更がされる
  • 2,400万画素 X-Trans Ⅲ センサー搭載
  • 発表は2018年上半期
  • 発売は2月
  • 価格は2,000ドル前後
  • 新しいフィルムシミュレーション「Eterna」を採用
  • 露出ダイヤルは非採用だが、GFXのような上面液晶を採用
  • 画像処理エンジンはX-T2などと同じX-Processor Proを採用
  • バッテリーはX-T2と同じNP-W126Sを採用
  • X-T2と同じ3方向チルト式スクリーンでタッチパネル対応
  • 動画性能は、4K30p 4:2:0 8bit 200Mbps 1.17倍クロップ
  • F-Logの内部記録が可能
  • ヘッドホンジャック
  • 4Kフォト / タイムラプス
  • X-T2より30%以上高画素化したEVFを搭載

これまで噂されてきたX-H1のスペックリストはあまり更新されていないようですね。ちなみに、上の画像は以前に登場したX-H1のスケッチ画を元に作成されたモックアップ画像です。

関連記事

おすすめ記事

Source:FujiRumors

Dylan