MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムX-H1は5軸手ブレ補正、3方向チルト式タッチパネルを採用?

  • カテゴリー:
  • NEWS

このところ富士フイルムの未発表カメラX-H1のスペックに関する噂が小出しで登場していますが、新たに5軸のボディ内手ブレ補正、3方向チルト式液晶モニター、タッチパネルが採用されるとFuji Rumorsが掲載しています。

  • 「X-H1の手ブレ補正は3軸、5軸どちらになるのか?」という質問をメールで受けているが、X-H1は5軸のボディ内手ブレ補正が採用されるだろう

  • 以前にも報告したが、ボディ内手ブレ補正使用時は全画素読み出しでクロップはしない

  • センサーシフト(ハイレゾショット)やDual I.S.(ボディ内補正、レンズ内補正)は搭載されない

  • 「X-H1はバリアングルモニターを採用するのか?」という質問も多く受け取っているが、バリアングルモニターは採用されず、X-T2やGFXと同じ3方向チルト式タッチパネルが採用されるだろう

  • これまでに噂されているX-H1のスペックは以下の通り

    – X-H1にはボディ内手ブレ補正(IBIS)が搭載される
    – IBISは全てのフジノン Xマウントレンズで動作する
    – オリンパスなどとは対照的にIBIS(ボディ内手ブレ補正)とOIS(レンズ内手ブレ補正)は連動せず、おそらく将来的にはファームウェアアップデートで調整するとは思うが、発売当時は連動しないだろう
    – センサーシフトマルチショット(ハイレゾショット)は対応しない
    – 大型のグリップが採用されるなど、X-T2と比べてデザインの変更がされる
    2,400万画素 X-Trans Ⅲ センサー搭載
    – 発売は、現時点では2018年の上半期を予定、または2月
    – 価格は、2,000ドル前後
    – 新しいフィルムシミュレーション「Eterna」を採用
    – センサーは全画素読み出し
    F-Logの内部記録が可能
    – 露出ダイヤルは非採用だが、GFXのような上面液晶を採用
    – ボディサイズはX-T2よりも大きめ
    – 画像処理エンジンはX-T2と同じX-Processor Proを採用
    – バッテリーはX-T2と同じNP-W126Sを採用
    – X-T2と同じ3方向チルト式スクリーンでタッチパネル対応
    – 5軸ボディ内手ブレ補正採用

スペックの詳細情報も徐々に明らかになってきていて、ハイブリッドカメラになると噂されていますが、どちらかというとやはり動画に力を入れていそうなカメラになりそうですね。AF性能はX-T2と比べてどうなるのか気になりますね。

Source:Fuji Rumors

Dylan