MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ライカが「ノクティルックスM 75mm F1.25 ASPH.」を正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

ライカがMマウントの超大口径レンズ「ノクティルックスM 75mm F1.25 ASPH.」を正式に発表しました。2枚の非球面レンズを使用し、最短撮影距離は85cmのこのレンズはライカならではのソフトなボケ味を実現。ポートレート撮影に大変適したレンズに仕上がっているとのこと。発売は2018年初めを予定。

  • レンズ構成は6群9枚。そのうちの2枚は非球面レンズで、フローティング方式を採用しており、無限遠から0.85mの最短撮影距離まで、画面全体にわたり卓越した描写性を発揮。

  • 最短撮影距離は0.85m、最大撮影倍率は1:8:8で、ポートレート撮影や接写で威力を発揮し、11枚の絞り羽根によって調和のとれたソフトなボケ味を生み出すことができる。

  • 異常部分分散性と低分散性のあるガラスのみを採用することで、描写性能をノクティルックスM 50mm F0.95 ASPH.よりも向上させることに成功。

  • 高い解像性能を備えているため、画素数の少ないセンサーで撮影した画像をトリミングする場合でも優れた画質を保つことが可能。

  • 反射や迷光を抑える、ロックタイプのレンズフードを付属。

以前から噂されていたノクティルックスM 75mm F1.25 ASPH.がついに発表されました。描写性能は非常に浅い被写界深度でもノクティルックスM 50mm F0.95 ASPH.よりも優れているようです。また、ライカ公式のサンプルギャラリーには6人の写真家によるポートレート写真が約50枚掲載されています。

小売価格はDPReviewによると、12,795ドルで販売されるとのことです。

Source:Leica, DPReview

Dylan