MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックが「LUMIX DC-G9」を国内でも正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

先日海外で正式発表された「LUMIX DC-G9」とパナライカレンズ「LEICA DG ELMARIT 200 mm F2.8 POWER O.I.S.」が国内でも正式に発表されました。LUMIX G9の価格はオープン価格。発売日は2018年1月25日

  • パナソニック株式会社は、静止画のフラグシップモデルとなるミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-G9 を2018年1月25日より発売する。

  • 有効画素数約2033万画素Live MOSセンサーを搭載。ローパスフィルターレス設計による細部まで美しく忠実に描写するリアルな解像力と、4K/60pの動画記録にも対応した高速読み出しで高画質・高速性を実現。また、センサーの表面にAR(Anti Reflection)コーティング処理を新たに施し、逆光の撮影時もセンサー面で起こりやすい反射を抑え、効果的にフレアを抑制。

  • ヴィーナスエンジンは、センサーからの信号処理フローを最適化させることで、従来機(DMC-GH4)に比べダイナミックレンジが拡大。

  • ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)は世界最高の6.5段分の補正効果を実現。また、高精度ジャイロセンサーの情報を用いて手ブレ補正を最適に制御する「Dual I.S. 2」で、望遠域まで6.5段分の補正効果を実現。

  • センサーを動かしながら8回連続で自動撮影し、カメラ内で自動合成処理を行う「ハイレゾモード」を搭載。通常撮影時の約2033万画素に比べて4倍の画素数を持つ約80M画素相当の高解像写真を生成することができる。

  • LUMIX独自の空間認識技術と新たに搭載された120fps対応のLVF(ライブビューファインダー)により、AF合焦速度は世界最速の約0.04秒を実現。

  • 電子シャッター連写機能は、AF追従連写(AFC)で約20コマ/秒とAF固定連写(AFS)で約60コマ/秒の超高速連写を実現。

  • 従来の顔・瞳認識AFを進化させ、被写体の顔が正面を向いていない場合でも、人体と認識することが可能。今までフォーカスが難しかった顔が隠れているシーンや後ろを向いたときでもしっかりとピントを合わせることができる。

  • 約18Mで秒間30コマ高速連写の「6Kフォト」、約8Mで秒間60コマ高速連写の「4Kフォト」機能搭載。

  • 倍率約0.83倍を備えた約368万ドット高精細OLEDファインダーを搭載。

  • 本体天面にステータスLCDを新搭載。F値、シャッタースピード、ホワイトバランス、露出補正など基本的な撮影設定をはじめ、静止画の記録残数や動画の記録可能時間、本体やバッテリーグリップのバッテリー残量を確認することができる。

  • 防塵・防滴設計」と軽量かつ耐久性のある「マグネシウム合金フレーム」採用、「シャッター耐久回数20万回」、マイナス10℃の「耐低温設計」など、過酷なフィールドでの撮影環境に対応できる仕様。また、2基のSDカードスロットを搭載したことで、2枚のSDカードを使用したさまざまな記録方式に対応。

G9はすでに海外で発表されていましたが、ついに国内でも発表がされました。G9はGH5より静止画が強化され静止画のフラッグシップモデルとなりましたが、4K60pでの撮影もできるオールマイティのようなカメラになりました。価格はいずれも税込で、ボディのみで210,000円前後、LEICA 12-60mmのレンズキットで290,000円前後とデジカメWatchが伝えています。

Source:Panasonic, デジカメWatch

Dylan