MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックが「LUMIX G9」を正式発表 スチル向けながらも4K60pが可能

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックがルミックス史上もっとも優れた画質を誇り、ボディ内手ブレ補正が大幅に改良された「LUMIX G9」を正式に発表しました。

  • GH5から進化したG9は、ローパスフィルターなしの2,030万画素 Live MOSセンサーを搭載したことで、解像度、階調、色再現性を向上させ、写真撮影における最高の画質を実現。

  • 高解像度モードにより、JPEG/RAWフォーマットで80MP相当の撮影が可能。連写速度はAF追尾電子シャッターで20コマ/秒(機械シャッターでは9コマ/秒)、AF固定で60コマ/秒(機械シャッターでは12コマ/秒)。

  • 最大6.5段分の効果を持つボディ内手ブレ補正・5軸デュアルI.S.2対応。5軸デュアルI.S.2は、4K動画を含む写真と動画撮影の両方で使用可能。

  • 動画は4K60pに対応し、最大ビットレートは150Mbps。また全画素読み出しでクロップされることはない。スローモーション動画は、4K60p、フルHD180fpsでの撮影が可能。また、G9は4Kフォト、6Kフォト機能も搭載。

  • 空間認識技術を採用した高速、高精度AFは、世界最速のAF速度0.04を達成。

  • EVFは368万ドットの有機ELで、倍率は換算0.83倍。また高速バースト撮影でもブラックアウトすることはない。

  • G9のボディは、マグネシウム合金を使用し、防塵防滴、耐低温-10℃。液晶モニタはバリアングルモニターで、高速、大容量のUHS-Ⅱと互換性のあるダブルSDメモリーカードスロットを採用。バッテリーはGH5と同じDMW-BLF19で、CIPA規格で1度の充電で最高400枚の撮影が可能。

  • 発売予定日は、2018年1月。価格はボディのみで1,699ドル。バッテリーグリップは同時に販売され、価格は349ドル。

 

ついにパナソニックからG9が発表されましたが、スペックは噂通りといった感じですね。ひとつ少し驚いたのは4K60pに対応したことでしょうか。噂のスペック的には搭載できるポテンシャルはあると思っていましたが、本当に搭載されるとは。GH5との差別化も気になりますね。写真思考向けでありながら、4K60pが撮影できるG9はすごく魅力的なカメラですね。

Source:Panasonic, dpreview

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。