MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックが「LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER OIS」を正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックが、OIS(光学式手ブレ補正機能)を搭載したコンパクトで軽量な大口径超望遠単焦点レンズ「LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER OIS」を発表しました。 

  • ライカの厳しい品質基準を順守したこのレンズは、超低分散ガラスを2枚使用した13郡15枚のレンズ構成になっている。超低分散ガラス2枚と最先端の光学技術により、歪みや色収差を抑えながら、画像の隅々まで高解像度で高コントラストを実現。

  • OIS(光学式手ブレ補正機能)を搭載したことで、手ブレを効果的に補正して、三脚がなく低照度の状態でも手持ちでの撮影が可能。また、このレンズはDual ISおよびDual IS 2に対応。

  • AFモーターは、トリプルリニアモーターシステムと最大240fpsセンサー駆動を採用し、写真とビデオの両方で高速、高精度AFシステムを実現。

  • 同梱されている1.4倍のテレコンバーター(DMW-TC14)を使用することで、焦点距離を最大で280mm(換算560mm)にすることも可能。また、別売の2.0倍のテレコンバーター(DMW-TC20)を使用すれば、最大で換算800mmにすることも可能。

  • 防塵防滴、耐低温-10℃。価格は2,999ドル。発売予定日は2017年12月。

パナソニックからG9と一緒にパナライカの大口径超望遠単焦点レンズも発表されました。価格は43Rumorsが指摘していたように、噂されていた3,800ドルより低い値段で登場しました。このレンズの一部の機能はGH5では使用できないようで、12月末にリリースされるファームウェアで使用できるようになるようです。

関連記事:パナソニックが「LUMIX G9」を正式発表 スチル向けながらも4K60pが可能

Source:Panasonic

Dylan