MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーα7R Ⅲと5D Mark Ⅳ、D850、GFXの画質比較

  • カテゴリー:
  • NEWS

先日発表のあったソニーα7R Ⅲと、キヤノン5D Mark Ⅳ、ニコンD850、富士フイルム GFXの等倍切り出しでのサンプル比較画像がImagingResouceに掲載されています。

  • ソニーの発表会のあと、撮影イベントに招待され、スタジオでソニーα7R Ⅲを使って撮影することができたので、主要なライバルであるキャノン5D Mark Ⅳ、ニコン D850、富士フイルム GFXと比較をすることにした。(α7R ⅢのRAWプロファイルはまだ利用できないため、α7R ⅢはJPEG画像で比較している)

  • 次の画像は、焦点距離50mm、絞りF5、シャッタースピード1/40、ISO250、オートホワイトバランスで撮影したものだ。キヤノンには24-70mm F2.8L Ⅱ、ニコンには24-70mm F2.8 E VR、ソニーには新しく発表されたばかりのFE 24-105mm F4 G OSS、富士フイルムにはGF 63mm F2.8 R WRを使用。また、カメラは全てデフォルトのピクチャーモードに設定し、三脚を使用して全て同じ位置から撮影した。

  • まず初めに、オートホワイトバランスでの肌色の再現が全て独特の結果だと気付くことができるが、どの色がベストかは読者の判断に任せる。

  • 5D Mark Ⅳは外れ値となっているが、これは光学ローパスフィルターのため、他の3機種よりも細かなディテールが少なくなっているためだ。

  • α7R Ⅲは瞳の青色の部分にシャキッとした鮮明さがあるが、D850とGFXは少しグレーになってしまっている。

レンズが違うなど撮影条件が異なっているので、しっかりとした画質比較ではないですが、α7R Ⅲがいかにシャープかがわかり参考にはなりますね。最近ニコンD850がDxOMarkで100を達成したばかりですが、α7R Ⅲはいくつになるのか気になってしまいますね。

なお、上記の画像は圧縮してあるので、等倍の画像が見たい方は
ImagingResouceで見ることができます。

また、瞳だけでなく全体の画像は以下のリンクから見ることができます。
5D Mark ⅣD850α7R ⅢGFX

Source:ImagingResouce

Dylan