MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーが「α7R Ⅲ」を正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーが4240万画素、連写最高10コマ/秒の「α7R Ⅲ」を正式に発表しました。

  • ソニーは、進化した新世代の画像処理エンジンBIONZ XとフロントエンドLSIを採用するなど、信号処理システムを一新し、大幅に向上した画質と高速性能を約657gの小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α7R III』を発売する。発売日は11月25日。価格はオープン価格。店頭予想価格は税別37万円前後。

  • α7R IIIは、新世代のBIONZ XとフロントエンドLSIを採用することにより、イメージセンサーからの読出し速度は従来機比約2倍に、画像処理速度も従来機比約1.8倍に高速化。

  • イメージセンサーの裏面照射型構造と銅配線の特性を生かし、大量の位相差情報を高速に読み出すとともにBIONZ XとフロントエンドLSIで高速処理を実現。

  • 動体追従性能も従来機比約2倍に向上、低輝度時のAF速度は最大2倍に高速化。また、瞳AF機能の追従性能も約2倍に向上。

  • メカシャッター時、サイレント撮影時、どちらにおいても最高約10コマ/秒のAF/AE追従高速連写が可能。

  • 世界最高5.5段の補正効果のある光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能、画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K動画の本体内記録とαとして初めて4K HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応。

  • 同時記録やリレー記録に対応する2つのメディアスロット(スロット1はUHS-II対応)、従来機比2約2.2倍の高容量バッテリー、高速データ転送が可能なSuperSpeed USB (USB 3.1 Gen 1)対応のUSB Type-C端子やスタジオのフラッシュに接続するシンクロターミナルなどを搭載し、Wi-Fi経由のFTP転送にも対応。

α7R Ⅲの主なスペック

  • 4240万画素の裏面照射型CMOSセンサー
  • 3インチ 144万ドットのタッチパネル
  • 約369万ドットのEVF
  • 連写撮影10コマ/秒
  • AFエリアに399点
  • 5軸ボディ内手ブレ補正機能
  • 4K録画、4K HDR対応
  • ISO100〜32000(拡張ISO50〜102400)
  • USB3.1 タイプC
  • デュアルスロット対応

10月25日にソニーが発表するのはα7 Ⅲか、α7S Ⅲかと噂されていましたが、以外にも発表されたのは2018年に発表が噂されていたα7R Ⅲでした。連写速度が改善され、デュアルスロット、HDRにも対応したようです。

Source:SONY, デジカメWatch

Dylan