MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックGH5ファームウェア2.0登場 4K HDR動画撮影などに対応

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックがLUMIX DC-GH5のファームウェアバージョン2.0を発表しました。

  • パナソニック株式会社は、デジタル一眼カメラ LUMIX DC-GH5において、「LUMIX Tether」「4:2:2 10bit ALL-I記録」「4K HDR動画撮影」などに対応したファームウェアバージョン2.0のダウンロードサービスを2017年9月下旬より開始する。

主なアップデート内容

  • カメラ制御PCソフト「LUMIX Tether」
    カメラ制御PCソフト「LUMIX Tether」によるUSBテザー撮影に対応。カメラとPCをUSB接続し、PCの大画面でライブビューを確認しながら撮影することができる。シャッターレリーズのほか、絞り、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、フラッシュなどの各設定をPC上で行うことが可能。
  • ALL-I動画記録モードを追加
    4K/FHD動画記録において「4:2:2 10bit ALL-I記録」モードを追加。1フレーム単位で圧縮するイントラフレーム方式で、最大約400Mbpsの高いビットレートにより高画質で4K動画を記録することが可能。1フレーム単位でデコード/エンコードを行え、カット編集や映像切り出しなどのノンリニア編集に最適。
  • 4K HDR動画記録に対応
    HDR(High Dynamic Range)動画記録とは、暗部の階調を表現しながら、明るい部分の階調も再現することができる技術であり、これまでのSDR(Standard Dynamic Range)動画では再現できなかった太陽や空、光線の反射などの被写体でも、黒潰れと白飛びを抑えた肉眼に近い階調の映像を記録することができる。
  • アナモフィック動画記録モードの強化
    有効画素数約18メガの4:3画角で動画撮影できる「高解像アナモフィックモード」を追加(HEVC記録)。従来のアナモフィックモードよりもさらに高精細なシネマスコープサイズの映像を記録することができる。
    さらに、アナモフィックレンズを使用した撮影中にシネマスコープサイズ相当に引き伸ばした状態を画面上で確認できる「アナモフィックデスクイーズ表示」機能を追加。

その他のアップデート内容

  • オートフォーカス性能・機能の強化
    – 写真撮影中の、低コントラスト被写体へのオートフォーカス合焦性能を向上。
    – 動画記録中の、オートフォーカス追従性能を向上。
    – マルチAF」「カスタムマルチAF」において、AF枠を常時表示できるように変更。
    – 「追尾AF」において、ライブビュー画面内のAFロック開始位置をあらかじめ配置できる機能を追加。
    – 「連写撮影」「6Kフォト/4Kフォト」において、シャッター半押し中、および撮影中にAF枠を移動できるように変更。
  • 「6Kフォト/4Kフォト」性能の強化
    – 「6K連写/4K連写」機能において、撮影停止後から次の撮影が可能になる時間を、従来の半分以下に短縮。
    – 「6Kフォト」による「ループ記録」が可能に。
  • ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)の強化
    – アングルを固定した撮影で強力に手ブレ補正がはたらく「手ブレロック」機能を追加。
    – 2.0倍、1.33倍のアナモフィックレンズを使用した撮影で最適な補正効果を発揮する、手ブレ補正モードを追加。

その他の主な追加機能

  • インターバル撮影の待機画面で、終了予定時刻・残枚数が確認可能になったほか、省電力ファインダー撮影機能を、全ての撮影待機画面で使用可能に。
    Fnボタンに新しい割り当て設定ができるようになった。また、誤操作防止のために、DISPボタンをロックできる機能を追加。

ついにGH5のファームウェアアップデートが出ました。まだダウンロードできませんが、早く4K HDRでの動画撮影をしてみたいです。オートフォーカス機能が強化されたのも嬉しいですね。

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。