MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ニコンが「D850」を正式に発表 裏面照射型CMOSセンサー搭載

  • カテゴリー:
  • NEWS

ニコンが裏面照射型CMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載した「ニコン D850」を正式に発表しました。

ニコン D850の主な特徴

  • 「D850」は、ニコンのデジタル一眼レフカメラで初めて裏面照射型CMOSセンサーを搭載。有効画素数4575万画素と高画質ながら、ISO 64〜25600の常用感度域を達成しており、画像処理エンジン「EXPEED 5」と連携して、高感度でも鮮鋭感を保ちながら効果的にノイズを制御することができる。ISOは102400まで増感、32相当まで減感することも可能。
  • 裏面照射型CMOSセンサー、画像処理エンジン「EXPEED 5」、新設計のシャッター・ミラー構造の連携により、ボディ単体で最高約7コマ/秒、マルチパワーバッテリー「MB-D18」使用で最高約9コマ/秒の高速連続撮影が可能。
  • 14ビットロスレス圧縮RAWで役51コマ、12ビットロスレス圧縮RAW(画像サイズ:L)なら170コマまで連続して撮影ができる。また「D5」と同じ高速・高精度な153点AFシステムを採用。
  • 静止画ライブビュー時に、後幕ともに電子シャッターを使用するサイレント撮影が可能。美術館や結婚式、天体撮影での機構ブレを極力排除したい時に有効。
  • フルフレームでの、4K UHD(3840×2160)/30p動画撮影に対応。また、フルHDでは、新たに4倍、5倍のスローモーション動画の記録が可能。
  • インターバルタイマー撮影機能を最大に強化し、8K UHDを超える8256×5504のタイムラプス動画用素材(静止画)を取得できる。

その他の特徴

  • 使用用途に応じてRAWファイルサイズをL/ M/ Sから選ぶことが可能。
  • 広い視野を実現した倍率約0.75倍の光学ファインダー
  • タッチ操作ができるチルト機構採用の3.2型 約236万ドット画像モニター
  • 1回の充電で静止画を約1840コマ、動画を役70分撮影できる低消費電力設計
  • 深度合成を行いたい時に便利な「フォーカスシフト」機能

スペックに申し分のないニコン D850の価格はオープンプライス発売時期は2017年9月8日を予定している。

各店舗の予約価格

ついにニコンD850が正式発表されましたが、スペックに関してはこれまでリークされてきた情報と一緒だったのでリーク情報をいつも見ていた人はあまり驚かないかもしれませんね。それにしても、画素数も連写速度も凄くいいスペックの一眼レフがでてきましたね。

  • Top Image Source:
  • Nikon

Dylan