MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キャノンEOS 80Dと7D Mark Ⅱが2018年にモデルチェンジか?

  • カテゴリー:
  • NEWS

キャノンが今後発売する予定のデジタル一眼レフに関するいくつかの噂がCanon Rumorsに掲載されています。

掲載された情報の要約は以下の通り

  • 来週あたりに私たちは少なくとも4本のレンズ(EF 85mm F1.4L ISと3本の新しいチルトシフトレンズ)とミラーレスカメラのEOS M100の発表を目にすることだろう。
  • 新しいエントリーレベルのRebelの発表の噂も見たが、これらの情報はあまり聞かない。新しいデジタル一眼レフカメラの発表はエントリーレベルのRebel以外は2018年まではないだろう。
  • プロシューマー向けのAPS-C一眼レフカメラが「刷新」すると言われている。なにが刷新するのかソースを探しているが、私は、2018年になるとEOS 80DとEOS 7D Mark Ⅱはアップデートする準備が整うと考えている。キャノンはEOS 7D Mark Ⅱのモデルチェンジに5年待つことはできない。
  • また、2018年には初の4K APS-Cカメラも発表されるはずだ。ただ、まだそれがデジタル一眼レフになるか、ミラーレス一眼になるのかはわかっていない。
  • 同じ情報筋によると、ロードマップによれば、EOS 5DSとEOS 5DS Rの後続機が2018年に登場するそうだ。ニコンがD800とD800Eを統合しD810にした時と同じように、情報筋はキャノンがこの2つの高画素機のボディを1つに統合すると見込んでいる。
  • 興味深いのは、「EOS-1」が2018年にフィールドテストを開始するといわれていることだ。これは、来年にボディが発表されるという意味ではないが、2018年は平昌オリンピックとFIFAワールドカップが開催されるため、新型プロシューマー機、プロフェッショナル機には適している。
  • このソースからフルサイズミラーレスに関する言及はなかった。

キャノンEOS 70Dの発売は2013年8月、80Dの発売日はその約2年半後の2016年3月ということは、80Dの後継機種が2018年の半ばごろに登場してもおかしくはなさそうです。そなるとEOS 80Dの後継機種のスペックがすごく気になりますね。

 

この記事の関連製品はこちら

Dylan