MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ニコンは将来的に8K対応デジカメに注力し、スマホとの差別化を測る

  • カテゴリー:
  • NEWS

ニコンの牛田一雄社長がニコンの今後の方針についてインタビューに応じた記事が朝日新聞DIGITALに掲載されています。

掲載された情報の要約は以下の通り

  • カメラ大手ニコンの牛田一雄社長が朝日新聞のインタビューに応じ、ヘルスケア事業を新たな成長分野と位置づけて軸足を移していく方針を示した。
  • 一方、デジタルカメラは高級機を中心に機種を絞り込み、「絶対的に画質を上げる」(牛田社長)ことでスマホと差別化していく方針。電機メーカーが開発を急ぐ8K対応の大画面テレビにも耐えられる解像力のカメラの製品化をめざす。8Kに対応した高性能なレンズとセンサーを開発していくという。
  • 近年はやや苦境に立たされている。スマホの普及でデジカメ市場が想定以上の勢いで縮小。ニコンの販売台数は4年前の約2400万台から4分の1の約630万台に激減し、「まだ底を打っていない」(岡昌志副社長)。主力事業の一つ、半導体製造装置も赤字が続いた。全社の売上高は4年前の4分の3の7488億円に落ち込んでいる。
  • 中高級機など付加価値が付けられるところに選択と集中で資源を投入する。将来的には新しいミラーレスを出す計画だ。高性能なレンズとセンサーで絶対的な画質を上げる。スマホとは画質で差別化する。

ニコンは今後高級機の8K対応に力を入れ、高画質を攻めていくようですね。

ヘルスケア事業など詳しい内容はこちらから見ることができます。「朝日新聞DIGITAL

Dylan