MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

タムロン、世界初18-400mmカバーの超望遠高倍率ズームレンズ発表

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

タムロンが世界初18-400mmの焦点距離をカバーするASP-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ専用超望遠高倍率ズームレンズ「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)」を正式に発表しました。

(Model B028)概要

レンズ交換なしで広角から超望遠までカバー

Model B028は世界で始めてAPS-C用として18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現。望遠端400mmは、35mm判換算で620mm相当となる超望遠撮影を可能としました。これにより、旅先での風景、ポートレート、料理といった外出時に必要な撮影はこのレンズ一本でカバーすることができます。

超望遠高倍率ズームとして良好な描写性能を実現

11群16枚のレンズ構成による光学系は、最新の光学設計に基づきLDレンズや非球面レンズを始めとるす特殊硝材を効果的に配置することで、色収差や歪曲収差など諸収差を抑制し、超望遠高倍率ズームとして良好な描写性能を実現。

軽量・コンパクト設計

超望遠域400mmをカバーする高倍率ズームでありながら、全長121.4mm、質量705gという軽量・コンパクト化を実現。

高精度AFを実現させた独自開発「HLD」

AF駆動にはタムロンが独自開発したHLD(High/Low torque-modulated Drive)を採用したことにより、優れた駆動力と省電力を実現。低速から高速まで効率よく回転させることで、正確で静かなピント合わせが可能に。

超望遠撮影時に求められる手ブレ補正機構「VC」搭載

手ブレ補正機構「VC(Vibration Compensation)」を搭載したことで、室内や夕景など低照度下で発生しやすい手ブレを効果的に制御し、シャープな描写を実現。

発売日、価格

Model B028の発売日は2017年7月20日、希望小売価格は90,000円(税抜)。

 

18mm-400mmならこれ一本でいろんなシチュエーションで撮影できますし、軽量・コンパクト設計なので、ちょっとしたお出かけで手軽に写真を撮りたい場合にはオールマイティーに活躍してくれそうなレンズですよね。
価格も店頭価格では落ちるだろうし、レンズの付け替えが面倒な方にはオススメの1本ですね!

 

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。