MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

watchOS 4のプレビュー発表 フィットネス機能がさらに充実に #WWDC

  • カテゴリー:
  • NEWS

日本時間6月6日午前2時から始まったApple開発者会議WWDC2017でwatchOS 4のプレビュー発表が行われました。

 

watchOS 4では情報を表示する機能が一新され、ユーザーが1日を通して一番必要な情報をその日の時刻、毎日の日課、ロケーション、さらには呼吸などの情報に基づいて表示してくれます。

 

手首を上げるたびに、ディスプレイの情報がダイナミックに更新され、スライドさせることによって操作が可能。表示される情報はネイティブアプリだけでなく、サードパーティ製のアプリにも対応しており、動作はWWDCでのプレビューを見る限り美しいほどに滑らかでした。

 

アクティビティ機能がより進化したApple Watchは身につけた瞬間から、パーソナライズされた進捗情報のアップデートを届けてくれて、日々の目標を達成できるよう応援してくれたり、達成した時には褒めてくれるようです。まるで2次元の世界にいそうな優しい奥さんみたいな存在ですね。
また、褒めて伸ばすだけでなく長期間にわたってモチベーションを保てるよう、先月の成果に基づいてパーソナライズされた目標を自動で作成して届けてくれます。

 

進化したのは情報を表示したりする機能だけでなくフィットネス機能もより賢くなりました。情報を表示してくれるホーム画面からランニングを開始したいときはスワイプ一つでランニングの表示画面に切り替えることが可能。距離、ペース、アクティブカロリー、心拍数、経過時間といったワークアウトの測定値を同時に最大5つ表示できることから、いちいちスワイプしていろいろな測定値を確認せずにすみます。

また、エアロバイクからトレッドミルといった複数のワークアウトを連続して行うときは現在のワークアウトから別のワークアウトへ、一つのセッションで簡単にモードを切り替えることが可能。ほかにもGymKitにより、有酸素運動器具とApple Watchをペアリングして、距離、時間、カロリーなどのデータをシームレスに同期することで正確な測定をすることができるようになりました。

 

でも、時には情報から解放されたい時もあるかも?そんなときは、シンプルモードに変換できます。Siriの文字盤に加えて、新たにトイ・ストーリーのウッディ、ジェシー、バズ•ライトイヤーなど、Pixarの人気キャラクターの文字盤や、万華鏡などの文字盤も登場。もちろん写真などの静止画の設定もできます。

 

他にも音楽機能が新しくなったり、Apple Payを利用して友人や家族との間で個人間決済の支払いが安全にできるようになるそうです。

watchOS 4はデベロッパは6月5日(米時間)からプレビューすることが可能。一般の方は今年の秋から利用することができます。

 

まるで自分専用のパーソナルトレーナーが27,800円から手に入ると思うとすごく安く感じてしまうのは私だけなんでしょうかね?
早くwatchOS 4を使いたいですね!

 

Dylan